本日の映画:アクトレス〜彼女たちの舞台〜

「アクトレス〜彼女たちの舞台〜」('14・フランス=ドイツ=スイス)

新人だった自分を主役に起用し有名にした劇作家、メルヒオールの代わりに、
彼を称える賞を受け取ることになった女優、マリア。
マネージャーのヴァルと共に列車でチューリッヒに向かう中、
彼の訃報が届きます。
動揺する彼女だったけど、授賞式では立派にその役を果たす大女優。
舞台裏とは違う顔を見せるのはさすがです。

その夜のパーティで、新進気鋭の演出家、クラウスから仕事の依頼が。
それは彼女を有名にしたメルヒオールの傑作「マローヤのヤビ」のリメイク作品。
彼とも20年後を描いた作品を作りたい、と聞いていたマリアは、
いいんじゃない?なんて思ってたのだけど。
よくよく聞いてみると何だか少し話が違う。
彼女にオファーされたのは、当時彼女が演じた主役のジグリット役ではなく、
彼女に人生をめちゃくちゃにされた相手役のヘレナだったのです。
しかも、もうすでにジグリット役には、
アメリカ人俳優のジョアンが決まっている、とのこと。

若く美しくジグリット役ではなく、彼女に翻弄される年上のヘレナ役。
マリア、まさかの展開に心は揺れるけど、悩んだ末オファーを受けることに。
この作品は彼女にとってかなり思い入れのあるもの。
メルヒオールがこの作品を書いたシリス・マリアに滞在し、
ヴァルと脚本を読み合わせながらヘレナを理解しようとするのだけど…
それがなかなか難しい。
混乱し、怒りや焦りをヴァルにぶつけるマリア。
ここの演出はよくわからなかったけど、
それはヴァルが突然姿を消しちゃうくらい激しかったみたい。

その混乱は、自由奔放なハリウッドの若手セレブ女優、
ジョアンの影響もあったのかな。
その若さに嫉妬?
自分が”完璧”に演じたジグリットを”盗られた”感覚?
恐怖?
警戒心?
違和感?

自分とは全く違うタイプの彼女に気持ちを乱されながらも、
本番に向けて準備をすすめるマリア。
そのまなざし。

大女優。



たまに、”普通のおばちゃん”的な雰囲気も醸し出す大女優、
ジュリエット・ビノシュ。

本日の映画:あの日のように抱きしめて

「あの日のように抱きしめて」('14・ドイツ)


ホロスコート関係の作品は前はよく見てたけど、
あまりにも辛くなることが多かったので最近は避けていました。
この作品も前に見る機会があったけど、”後回し”に。
でもよくみると、アストリッドじゃないですか!
しかも物語は終戦後の男の裏切りを描いたサスペンス。
ミーハー心が動いて、アストリッドに会うことにしました。

1945年。終戦後のベルリン。
強制収容所から生還した元歌手のネリーは、
怪我を負った顔の再建手術をすることになります。
「どんな顔にしたい?」「こんなのはどう?」なんて言う医者。
でもネリーは「元の自分の顔に戻してほしい」と言います。
別の顔の方がこの後、安全な場合もあるらしい。
でも彼女は絶対自分の顔が必要だったのです。

元気になったらすぐやりたかったこと。
それは離れ離れになったピアニストの夫、
ジョニーを見つけ出すことでした。
傷が癒え、彼女はジョニーを探すため夜の街へ。
フェニックスと言うバーで、
ようやく彼を見つけることができた…のだけど…

ピアニストではなく雑用係として働いていたジョニー。
彼はネリーを見ても全く彼女だと気づきませんでした。
でも彼女に声をかけてきます。そして、
「君は死んだ妻に似ている。彼女になりすましてくれないか。
そして手に入れた遺産を山分けしよう」と。
ネリーが持っていた大金を受け取ることができず、困っていたジョニー。
彼女ならいける!と思ったのでした。
さあ、ネリーどうする!?

ショックは受けたけど、本人だとは言わず承諾したネリー。
身のこなし方、筆跡などなどを訓練します。
すぐ完璧にできる、のは本人だから笑
ジョニーも全く気づかず。
本当に妻のこと愛してた?そんなに気づかないものかしら??

そして徐々に明かされる真実。
夫は裏切った?
「死んだ」と思い込んだだけ?
ヨーロッパ作品らしく、ふぇ?なラスト。
きんちょーしたー。



ニーナ(アストリッド)また会おう〜

本日の映画:ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー

「ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー」('14・フランス=ベルギー)

ソフィー・マルソーが出てる作品は、
”ソフィー・マルソーの”と名前が邦題につくことが多いですね。
お、ソフィー・マルソーが出てるのか、見るかな。
と、思う人が今でもたくさんいるのかな。
こういう、とりあえずつくった(失礼!)系の作品でも、
とりあえずソフィー・マルソーが出てるからいいや。
え?こんな役もやるの?ソフィー・マルソー?って感じでも、
ソフィー・マルソーだからねぇ、ま、いいや。となるのか。
ソフィー・マルソーはすごいな。

男がいるとすぐセックスしちゃう。
そんなジュディットの勤務先はワイン会社の東京支店…
…に見える。あれ多分東京タワー。
もちろん日本男児もすぐモノにしちゃう彼女。
でもあまりにもいろんなところに手を出しすぎて、
とうとうクビになっちゃう!

仕事を失い、フランスに戻った彼女は、とりあえずおじの家に居候。
早速歯科助手の面接を受けにとあるビルへと向かいます。
そこで出会ったのは、夫婦専門カウンセラーのランベール。
彼に興味を持った彼女は面接に行かず、彼のオフィスへ。
助手を探していると聞き、経験もないのに無理矢理仕事をゲット。
何がしたいってジュディット、
ランドールとセックスしたいのです。

なんとか彼をその気にさせようと、
あれこれ頑張るけどなかなかなびかないランドール。
その気はありそうなんだけど…
実は彼、ジュディットと同じ、セックス依存症で、
それを克服するため禁欲生活の真っ只中だったのです。
そんなこと知らず、猛烈アピールのジュディット。
ランドールにしてみれば、地獄。

一方仕事はと言うと、すごく順調。
なんてったって経験豊富なジュディット。
性生活に悩む夫婦の相談は彼女にしてみれは”超”得意分野。
ふたりはいいコンビになっていくのだけどね。

父が母を殺し自殺…父が性転換…など、
複雑な過去をもつふたり。
それだけが原因とは言えないけど、
普通の恋愛ができなくなっているみたい。
だけど少しずつお互いを”セックスのお相手”以外の目でみるようになって…
お気楽なコメディかと思いきや結構深かった。



今までそういう風に感じてなかった相手を”愛してる”と思えるようになる。
そこからまた始まる。

本日の映画:官能小説の女

「官能小説の女」('16・ドイツ・ベルギー)

40代男と学生の女が。
と聞くと、あら?また教訓作品?と先入観ありありで見ちゃう。
でも、違った。
違うこともあるんだ。

しばらくスランプ中の小説家、ウォルター。
体の関係がある女性はいるけど、本気ではないみたい。
なーんか冴えない日々を送る彼。
でもある日図書館で、はたちそこそこの学生、アグネスと出会います。
机の上の物を几帳面に片付ける彼女。
なんだか神経質そうです。
ウォルターは彼女に声をかけ、ふたりは付き合うように。
普通に幸せな日々、だったのだけど。

路上で倒れ亡くなった女性に遭遇し、
その普通の日々が普通でなくなって行きます。
アグネスは「死」の願望をウォルターに話し、
自分を主人公に小説を書いてほしい、と頼みます。
それは現実のふたりのような物語。
出会いから始まったその物語では、
アグネスは妊娠、そして娘が産まれ、幸せな日々を送るのだけど。

でも現実は違いました。
喧嘩が原因でアグネスは階段から転げ落ち、流産。
別れたけど嫉妬したりより戻したり、
小説とは全くちがった展開。
見てる方も、これはどっち?となっちゃうけど、
幸せな方が作り話。
現実はそんなにうまくいかないのだな。

アグネスは少し精神状態が不安定だったのね。
死に興味があって、現実と空想の境目が曖昧。
親の存在も薄くて、親しい友人もいなさそう。
申し訳ないけど、お顔が宇宙人っぽくて、
今にもベローンと人間の皮脱いで、
長い舌をベローンと出しそう…←言い過ぎ。
と、ばかり考えてしまいました。

男優さんも「隣のおじさん」みたいで。
ドキュメンタリーみたいに、
リアルさを求めているのならそれも分かるけど、
映画なので(美男美女とまでは言わないけど)、
感情移入できる俳優さん使うのは重要だな。



感情移入できないと、あ、そ、ってなっちゃうの。

5月の海外ドラマ

5月はカンヌ映画祭の季節。
毎回楽しみにしています。
ムービープラスで授賞式が生放送されるのだけど、
こういうのを聞くと、すごい時代になったなー、と思いますね。

リアルタイムで見るのもいいかもだけど、
フランス語や聞きなれない国の言葉も多く出てくるし、
なんかダラダラしちゃうから私は編集後の字幕版派。


「シカゴ・ファイアS2終了!」

ファイアの仕事も必見だけど、人間模様もおもしろい。
恋愛だけでなく、家族のごちゃごちゃもいろいろ。
マウチが恋したのは日本人女子!
しかもネットで知り合って初めて会う、という現代的な恋愛。
最終話?だったかな、でシカゴPDの巡査部長と、ま、さ、か!
ミルズはお店、焼けちゃったね。
ドーソンの友達紹介されたけど、うまく利用された感あったね。
セブライドはレネエのお腹の子が自分の子ではないと知り、ショック。
しかも母親違いの妹がいることを知り、またショック。
シカゴPDのリンジーといい感じで、このふたり好きだわー。
オーチスはセブライドの妹、ケイティと付き合い始めるんだけど、
このふたりもかわいいな、と思ってたけど、
セブライドに恨みを持った悪い兄ちゃんにケイティが監禁され、
ふたりの恋はあっと言う間に終了…
一緒に住み始めた、シェイ、セブライド、オーチス。
でもシェイの新しい恋人、デボンが金目の物を全部盗んでいなくなっちゃった。
あとで「ごめんね」と言い訳してたけど、私も許しません。
シェイ甘すぎ!
新しく来たスペルマンとクラーク、どっちかがスパイ。
みんなの予想は外れ、クラーク仲間入り。
と思ったら、奥さん云々でボロボロに…
ケイシーと付き合い始めたドーソン。
ケイシー、ハリーの死から立ち直るのがはやくないですか?
ドーソンは消防隊員になるためにテストを受けることに。
受かったはいいけど、配属先は嫌な空気が漂っている…
まだまだてんこ盛りの内容だったけど、全部書いたら大変!
ちょうど放送になったシカゴPDのメンバーもちょこちょこ出てきて楽しい。
それよりなにより、最終話のドカーンは…
ビクッとしちゃったし!!


「グレイズ・アナトミーS10終了!」

嵐の夜のあと。
リチャードが感電、ヘザーも…そして。
ほんとここの病院、ドクター死んだの何人目?
普通じゃありえないよねー。
主役であるはずのメレディスより、
今シーズンはやっぱりクリスティーナね。
もう降板するのは知っていたけど、
なるべくネットで情報収集は避けてて。
見たくないもの見ちゃうからね。
死んだり事故にあったり、ってのはなくて、
今後のゲスト出演も見込めるかな、な去り方。
あーでもクリスティーナのいないグレアナは嫌だな。
メレディスは無事出産。産まれた男の子の名前はベイリー笑
相変わらずごちゃごちゃなカリーとアリゾナも、もうひとり、
と考えているみたい。
あ、今回のもうひとつの見どころは何と言っても、
エイプリル&ジャクソンね!
くっつけーくっつけーとずっと思ってて、
きっとくっつくだろうなーと思ってたけど、
まさかの略奪婚になるとは。
まさかまさかのジャクソンの行動。笑いが止まらなかった。
このふたりにも赤ちゃんが。でも前途多難みたいね。
アテンディングになると手術以外に研究、ってのもやるらしい。
その研究のせいでメレディスとクリスティーナが険悪に。
なんか、ぽつーん、なクリスティーナがすごく切なかった。
無事(笑)オーウェンとエマも別れたけど、
やっぱり一緒になれないふたり。
クリスティーナの妄想、みたいなエピがあったけど、
子供を持っても持たなくても、ふたりとも幸せになれない、
愛し合っているのにね。ほんと切なすぎるよ。
それにしてもインターンたちがイライラします。
誰ひとりとして好きになれない。
次のインターンに期待です。
そして今シーズンの最後の爆弾は…
…パパ?


「シカゴPD・S1終了!」

ファイアほどではないけど、なかなか面白いです。
主役はファイアでめちゃくちゃな悪徳刑事で出てたボイト。
自分の息子のためにケイシーを脅し殺そうとしてたあの方です。
元々スピンオフを作る予定だったかどうかわからないけど、
このキャラが人気だったの?
ボイトは一旦刑務所に入るも出所し、何故か特捜班のリーダーになります。
その裏には何かきたなーい陰謀が絡んでそう。
でも実は結構いいやつでできる刑事。
これは後付かもしれないけど、反省はしてる様子。
チームは、ファイアにも出てたドーソンの兄、アントニオ。
オリンスキーはボイトと付き合いは長いらしく、
汚れ仕事もいろいろやってきたっぽい。
ハルステッドはファイアでドーソンと付き合ってたね。
若い頃荒れていたリンジーはボイドに拾われた、という設定。
ルゼックは警察学校から引き抜かれたルーキー。
(この人「4400」のショーン!)
テック担当のジンは「CSIマイアミ」のアーチー。
アーチーにしか見えない…
プラス、ファイアでま・さ・かのマウチとうふふ?になりそうな、
巡査部長のプラットと、ルゼックとうふふ!になって、
特捜班入りを逃した警官のバージェス(ちょっとうざい)、
そして見事特捜班入りしたバージェスの相棒、アトウォーター。
特捜班は特別なチームで、法を破っても見て見ぬふりしていいよ、
と言われてるのか、結構めちゃくちゃ。
まぁ、ボイトがめちゃくちゃだからな。
個人的には、リンジーが好き。ハスキーボイスがかわいい。
そしてファイアのセブライドとの関係も気になる!


「CSI:サイバーS1終了!」

マイアミ、ニューヨーク、ラスベガス、と、
「CSI」シリーズが次々と終了し、
新しく始まったのがこの「サイバー」。
主演は、少し痩せた?パトリシア・アークエット。
共演は「アリー」のジョン・ケイジと、
あらーお久しぶりの「ドーソンズ・クリーク」のドーソン!
ってかこのドラマ、見てないのだけど。
今までのCSIシリーズは警察、だったけど、「サイバー」はFBI。
社会問題にもなっているサイバー犯罪をメインに捜査するチームは、
ブラック・ハッカーと呼ばれる元犯罪者も多く働いているらしい。
確かにそういう人たちのほうが腕は良さそう。
チーム・エイヴリー・ライアンにも若いふたりの元ブラック・ハッカーが。
ホワイト・ハッカーというのもあるらしい。
良心的なハッカー?
仕事のためだけにハッキングするだけなら許される、という事かしら。
各エピソードは、ふんふん、なるほど、
こういうことができちゃうんだ!こわいなー。
と、とても勉強になる内容。
オンラインで繋がっていれば簡単にハッキングできる現実。
SNSでなりすましたり、メールを偽造したり。
定番の電力会社への攻撃、飛行機を操ったり、
ほんと、今の時代、電気とネットがないと世の中回んないんだなー。
プラス、エイヴリーの宿敵がいたりして、そこは抜かりなく。
でもいまいち盛り上がりに欠けてて…
シーズン2もあるみたいです。
ファイナルシーズンらしいですが…


「NCIS:ニューオリンズS2終了!」

ラサールのおでこの広さばかり気になるニューオリンズです。
どうしても見てしまう。
どうなってるのか気になってしまう…
シーズン1の後半から出てきたソーニャがレギュラー入り。
誰も降板してないのに人増やすんだ!
なんて思っちゃったけど、そんなに問題なくすんなり馴染み。
途中でちょっと出てこない時があって、
あれ?やっぱりダメだった?なんて思ってたけど、
それは物語上必要だったことだったみたい。
でも、ラサール✕ソーニャで動くことが多くなって、あらブロディは…?
なーんていらない心配してたけど。
ママンが訪ねてきたり、
妹の件でごちゃごちゃあったり、
国土安全保障省のルッソといい感じになったり、と、大忙しでした。
と、思ったら、中の女優さん、実生活で色々大変だったようで、
事件を機に退職、シーズン3には出ないとのこと。
あ、お楽しみの本家とのクロスオーバーもありました。
そのうちLAと3作品クロスも見てみたいな。
(どれかが終わらないうちに)


「リゾーリ&アイルズS4終了!」

シーズン4が放送されたのは2014年。
なので、リー・トンプソン・ヤングが降板するのは知っていました。
最終話はそんな彼のことを思いながら鑑賞。
最終話なのに、休暇、だとか言ってて、
みんな心配して(この時はもう知ってた?)撮影してたんだなー、
と勝手に想像。
話数も減らしたみたいですよ。
そんなに好きな俳優さんじゃなかったけど、なんか残念。
次シーズンはうまい具合に話を持っていくらしいです。
そんなリゾーリ&アイルズですが、
事件うんぬんよりもやっぱり私生活が忙しかったですね。
異父姉妹に腎臓を提供したモーラは、
相変わらずお母ちゃんとはモヤモヤ。
お父ちゃんの過去の件でまた振り回され、イライラ。
フランキーはそんなモーラが好きらしい!
モーラも結構その気?
トミーはリディアと結婚!…と思ったけどやっぱりなしに。
この人、いい人なんだけどねー。
なんかちょっと抜けてるんだな。
ジェーンママは、何と元夫の借金で大変なことに。
缶とか集めて売ったりして、涙出るわー。
と思ったら、当の本人が登場。
ガンになったって…っていまさらかよ!って私も怒。
ジェーンは、ようやくケイシーと…と思ったけど。
他のドラマ見てても、なかなか仕事を捨てられない人たちが多い。


今月の新ドラマ↓

「ロイヤル・ペインズS6」
「シカゴファイアS3」
「シカゴPD・S2」
「APBハイテク捜査網」
「グレイズ・アナトミーS11」

アリーとXファイルの続き待ってるんですけど…
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム