本日の映画:汚れた血

「汚れた血」('86・フランス)

まず。
この作品「けがれたち」と読むんだけど、
ずっと「よごれたち」だと思っていました。
そして主演はジュリー・デルピーだと思ってたのだけどこれまた違うのね。

ゴダールの再来と呼ばれている(今も?)レオン・カラックス監督の、
アレックス3部作の2作目ということです。
1作目の「ボーイ・ミーツ・ガール」は未見、
3作目の「ポンヌフの恋人」は日本でもヒットしてたよね。
すべてドニ・ラヴァンが”アレックス”という役名を演じている、
ということだけど、アレックスは同一人物ではないみたい。

今回のアレックスがいるパリは、
彗星が地球に接近中であともう少しで21世紀、
ここでは”近未来”ということになってる。
”STBO”という、愛の無いセックスで感染する病気が流行ってて、
若者の方が感染力が高く危険だという。

そんな時代に、アレックスはトランプ賭博でお金を稼いだりしている。
恋人リーズのことはそれなりに好きだけど、
今の生活は完璧ではないなと漠然と感じていた。
そんなある日、亡き父が残した多額の借金の事を、
父の友人マルクから聞かされた彼は、
唯一作られたSTBOの治療薬を盗む計画を立てます。

リーズを捨て、マルクの元へ向かったアレックス。
そこで彼は運命の女に出会います。
現実世界に住んでいないような不思議な雰囲気漂うアンナ。
でもその愛はなかなか彼女に届かず。
ふわふわ漂うような彼女をただ見守るだけなのでした。

ぶっちゃけ、彗星が近づいてるとか、もうすぐ新しい世紀になるとか、
病気が蔓延中とか、そんなのあまり重要じゃないみたい。
特殊な状況にいるけど、物語の中心は、愛。
愛がそうさせて、愛のために、愛するがゆえに、愛があるから〜、
と物語は動く。

印象に残ったのは、果物が上から落ちてくるシーンと、
ジュリエット・ビノシュ演じるアンナが、
唇くねらせてふーっと息を吹いて前髪を揺らすところと、
ジュリー・デルピーの無垢な感じの美しさ。



見て感じろ系なので、それでよし。

本日の映画:LIFE!/ライフ

「LIFE!/ライフ」('13・アメリカ)

1947年制作の「虹を掴む男」のリメイクとのこと。
こちらの「LIFE」は現代が舞台でCGなんかもたくさん使ってる。
オリジナルはこの白昼夢をどんな感じで表現してるんだろ。気になる。

LIFE紙でネガの管理をしているウォルター・ミティ。
一日の大半を暗い倉庫で過ごす彼は、実生活もかなり地味。
職場の同僚シェリルに片思いしているけど、声をかける勇気さえない。
そんな彼はたまに”自分の世界”に行く。
そこでの彼は完全無欠の男。
でも周りから見るとただボーっとしているにしか見えず。
それをまたからかわれたり。

ある日、LIFE紙がデジタル化されることになり雑誌の廃刊が決まります。
そして大規模なリストラが行われるという噂が。
従業員みんなが動揺する中、最終号の仕事が始まるのだけど、
何と表紙に使う予定のネガがない!
完璧に管理しているはず、自分がなくすはずはない…
カメラマンのショーン・オコンネル聞くしか方法はないけど、
世界を点々としている彼の所在は誰にもわからない…
そこでウォルターは一大決心。
自分で思ってもいなかった行動を起こしていくのです。
それは妄想でなく現実なのでした。

旅はグリーンランドからアイスランド、そしてアフガニスタンへ。
ヘリコプターに飛び乗り、海にダイブ、サメに襲われそうになったり、
火山の爆発に遭遇したり。
ショーンとはニアミスしたけど会えず、ニューヨークに戻ると、
はい、あなた、クビ宣告。
でも諦められないウォルターはアフガニスタンの山岳地帯へ。
危険と隣り合わせの旅、この頃のウォルターは自信に満ちた顔をしています。
そしてようやくショーンを見つけ、更に人生に希望を見出したウォルター。
よくよく周りを見てみると、
彼のことを思い、応援してくれる人がいることに気づきます。

ウォルター、キラキラしてたな。
最初の一歩を踏み出せば、あとは足が動いていくね。



「トム少佐が…」って何の話?と思ってたら、
デヴィッド・ボウイの「SPACE ODDITY」でした。
今まで歌詞に気をつけてなかったけど、

Ground Control to Major Tom

って言ってたのね。
メイジャートム=トム少佐って言うのがつながって、
なぜだかものすごく感動している。
作品の中で抜群の使われ方していて、今ずっと頭の中で歌ってるし。

本日の映画:ジュビリー

「ジュビリー」('78・イギリス)

こういうアート的な作品は、意味不明だったり哲学的過ぎたり、
とにかく難しいのでちょっと構えてしまう、のが多いです。
今回も「きっとそういう感じ」と思って見始めました。
…が、そんなに構えて見るほど難しくなかったな。
ちゃんとストーリーもあったし、パンクな女の子たちはかわいいし。

魔術師ジョン・ディーの魔術により、
天使アリエルと未来を見る旅に出たエリザベス一世。
彼女が見た現代のロンドン(ここで言うのは1970年代後半)は、
セックス・ドラッグ・パンク!な若者たちが、破壊的な生活をしていた。
それを見て嘆くエリザベス一世。
暴力は新たな暴力を生みます。

物語は、ある若者たちの荒廃した暮らしを追う。
狭いフラットに一緒に暮らす彼ら。
女王気取りのボッドはエリザベス一世の生まれ変わり。
リーダー格のエミールは物書きでもあるみたい。
ロブスターのピアスがかわいいクラブスは色情狂。
坊主頭のマッドは破壊の女王。
アミルは歌手、フランス人のカオス。
女ばかりの中にいるエンジェルとスフィンクスはゲイのカップル。
ビブはふたりとつるんでいるストレート?の女子。
(人物設定ちょっとうる覚え)

仕事はしてる?
どうやって生活してる?
謎が多い彼らは、どうやら音楽業界にいるっぽい。
その業界にはギンツというボスがいて、彼が全てを牛耳っているらしい。
彼の一言で、誰が有名になり誰が消されるかが決まるのね。
アミルを売れっ子にし、クラブス一押しのキッドという若者を売り込みたいけど、
そこには邪魔な存在が。
彼らはその存在を消すために自らの手を汚すことになります。
でも暴力には新たな暴力が。
ポンポンポーンと人が死に、これじゃあ、エリザベスも嘆くわ…

私は詳しくないのだけど、有名なパンクの人たちが結構出てるらしい。
パンクな時代のパンクな映画。
40年くらい前には本当にこういう人たちがいたんだなー、
と思うと、感慨深い。



そしてこの作品がずっとレンタル屋にあるのが不思議。

2月の海外ドラマ

「FOXクライム」だった「リゾーリ&アイルズ」が、
「FOXスポーツ&エンターテイメント」になって、
今回「FOX」に。
「FOX」だった「モダン・ファミリー」が、
「FOXスポーツ&エンターテイメント」に。
上下関係が見える。


「SUITS・S4終了!」

仕事でもプライベートでも人間関係がごちゃごちゃ。
マイクの”おかげ”で、うまく行くことも行かなくなる笑
ピアソン・スペクターを辞めたマイクは、投資会社へ転職します。
個人オフィスもらったり、仕事はできるんだな。
職場は変わったけど、企業買収うんぬんでハーヴィーと関わることに。
まぁ、ドラマですから…
そこでレイチェルの元彼、ローガン(最近で言うと「スコーピオン」のドリューね)
が絡んできたりして、嫉妬に狂うマイクが残念。
そしてローガンにちょっとなびいてしまったレイチェルも残念。
話戻ってハーヴィーとマイク。
ふたりの関係に亀裂が!と思いきや、やっぱり相思相愛なの。
共犯なのはわかるけど、そこまでマイクを守るか、ハーヴィー!
んでなんやかんやでピアソン・スペクターに戻ったマイク。
これでようやく安心して〜と思いきや、経歴詐称があいつにバレた〜!!
真実を知ったルイス。
あんなにお茶目なルイスが極悪ルイスになってしまい。
やってることは子供なんだけど、気持ちもわかるなぁ。
そして事務所も「ピアソン・スペクター・リット」に笑
それでいいのか、ルイスよ…
ハーヴィーとドナの関係も大きく動きました。
好き同士なのに一緒になれない。
ドナは強いけど、確かに恋人同士になったらダメかもな。(ドラマ的にも)
それにしてもハーヴィー、あなたは気が変わりすぎ!
ジェシカもラヴラヴだったけどフラレちゃいました。
(お相手はパーマー大統領2代目)
仕事柄嘘つくことは多いけど、恋愛ではダメよ。
個人的にはノーマが死んじゃったのが残念。
おばちゃんだったのね。最後に顔出てくるとおもったのにな!


「CSI:科学捜査班S15→最終章終了!」

とうとう終わってしまいました。
もうずーっと前から見ていたCSI。
まだ今みたいに海外ドラマが普及してない頃、
日曜のお昼に民放でやってたの見てたんだよね。
今では許されないけど、テレビなので吹替で。
懐かしいなぁ。
特番でも言ってたけど、
あまり注目されてなかった「科学捜査」を取り上げて、
今では裁判では欠かせない捜査になったんだって。
視聴者が陪審員だから、CSIではこうだった、
なんて話になってたのかな。
グリッソムが去ってちょっと勢いがなくなっちゃったけど、
DBが主任になってまた面白くなってきていた矢先。
シーズン15が打ち切りになったのは制作後だったらしく、
最後はなんだか「おや?」って感じ。
ニックがCSIを去る、ってのがメインになっちゃって、
フィンが瀕死のまま…
しかもみんなが集合した「最終章」は、
サラがレディ・ヘザーに嫉妬してることしか覚えてない笑
できればホールシーズンかけて、みんなの最後が見たかった。
グレッグなんかシーズン1からずっとのレギュラーなのに、
途中で、辞めたるわー!もなかったのに、
最後までサブキャラ扱いだし。
言いたいこと山ほどあるけど、もうこれで終わりだし、
いい思い出の方がたくさんあるからそれを大切に。
きっとまた1話目からみても面白いと思う。
そんな機会がいつかあるかな。


今月の新ドラマ↓

「24:レガシー」
「レギオンS1」
「CSI:サイバーS1」
「ブラックリストS4」
「シカゴPD・S1」

あと、AXNで見ていた「グレイズ・アナトミー」が、
待てど暮らせど続きを放送しないので、
諦めてレンタルで見ることにしました。
来年は来年こそはー!と思って約4年。
4年も経っちゃったよ…
ということで、シーズン7からスタートです。

本日の映画:バロン

「バロン」('89・アメリカ)

絶対見たい!と思ってなくても、ふとした時に目にとまって見ることになる。
私には結構あるあるな話です。
そんな妖精(妖怪かも)がいるのか?

映画を見始めた若かりし頃、
私が好んでみていたのはヨーロッパのミニシアター系でした。
なのでお友達が「バロン」とかスキー!と言っているのを聞いて、
「ハリウッド?」「ファンタジー?」と少し上から目線でいました。
ミニシアター系好きな私の方が”洒落ている”と。
今思えば恥ずかしい。若さって。

18世紀末のドイツ。
理性と知性が支配していた時代。
トルコ軍に占領されていた小さな町の劇場で、
英雄、ミュンヒハウゼン男爵の武勇伝をモチーフとした劇が
始まろうとしていました。
それはありえない内容のオンパレード。
”フィクション”として作られていました。
でもそこに突然ひとりの老人が。
彼は「自分が本物のミュンヒハウゼン=バロンであーる」と言い、
この物語はフィクションでなくノンフィクションなのだ、
と体験談を語りだすのでした。
それは、トルコの富豪と賭けをし、
彼の財宝すべてを頂戴したバロンとその仲間たちの物語。
それがきっかけで、今も続く戦争が起きたのだと言う。
だけどそんな話誰も信じない。

その時、トルコ軍が町を攻撃。
劇団の座長の娘、サリーに救われたバロンは、
「この町を救う!」と宣言。
まずはかつての仲間を探さなければ、と、
こっそりついてきたサリーと共に旅を始めることになります。

月にいるはず、なのは超俊足の持ち主バートホールド。
そこには自称「万物の王」だという、王と王妃が住んでいました。
彼らは頭と胴体が別々の行動をする。
頭は哲学的、でも体は欲望の塊。
お次は、ここは地獄?な火山口。
いかつい大男たちが武器を製造している。
ここで偶然再会したのは、怪力の巨人、アルブレヒト。
女の子に目覚めたらしく、メイドの服装で「チビちゃん」と呼ばれていた。
海でさまよっている間に巨大魚に飲み込まれた一行が、
これまた偶然の再会を果たしたのが、
超人的な肺活量と驚異の聴力を持つグスタバスと千里眼を持つアドルファス。
これで仲間は揃った。もう怖いものはなし!
…のはずだったけど、あれから何十年もの年月が経ち、みなさんご老体。
でもみんな勘を取り戻して行って、いざ出陣〜

どんどんぱんぱんな目の話せないラスト。
おかしなおかしなブラックな世界。
あー、上から目線でごめんなさい!



サリーはサラ・ポーリーなのね〜
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム