12月の海外ドラマ

年末年始は「一挙放送!」なんかが多くて、
レギュラーの放送がお休みになったりします。
なのであんなに忙しく見ていたのに、録画ドラマが激減。
ちょっと寂しい時期だったりします。


「LAW&ORDER:クリミナル・インテントS8終了!」

ニコルズaka蠅男、いい感じです。
クリミナル・インテントって言うくらいだから、
こういう感じじゃないと。
相変わらずしましまで登場ですが、
「あぁ、今日は蝿か…(失礼)」とならないです。
ゴーレンと同じ匂いがする、そんなニコルズです。
相棒は帰ってきたウィラー続投だし、こちらも安泰。
やっぱりキャラって大事ねー。
物語は毎回面白いけど、特に書くことない。笑
しいて言えば、ゴーレンの髪が伸びたり短くなったり、
って所が気になった感じです。
ニコルスとエイムズか組む回があったけど、
ドノフリオ、もう嫌になった?
あ、ロス&ロジャースの秘密の関係が気になってたんだけど、
別れた?


「シカゴ・ファイアS1終了!」

噂のメガヒットドラマ。面白かったー!
なんと彼ら写真が、東京消防庁の消防官募集のポスターに使われるんだって!
上手に宣伝するねぇ。
そんな彼らが活躍するシーズン1。
これってひとつのシーズンの出来事?ってくらいてんこ盛りでした。
仲間の殉職から始まり、
悪徳刑事とのゴタゴタ、
署内の恋愛事情、
怪我を隠して働き、
パンツ脱ぎすぎて痛い目に遭い、
撃たれたり事故ったり、
親の秘密に振り回されたり、
新しいビジネス始めたり、
また子供ができたり、できなかったり、
恋人が殺されたり…
ちょっと思い出しただけでもてんこ盛り。笑
今はシーズン5まで放送しているそうで、
これから先ネタはまだまだ尽きないみたいです。
はしご隊のケイシーは、見てないけどハウス先生に出てたんだって。
救助隊のセブライドは、ガガの婚約者。
ドーソンは「ライ・トゥ・ミー」、シェイは「5−0」に出てたね。
私としては「SATC」のスティーヴに会えて嬉しい。
いい仕事もらったね。
続けてシーズン2〜


「MR.ROBOT・S1終了!」

主演のラミ・マレックは今年のエミー賞で主演男優賞を取りましたね。
フレディ・マーキュリー役も決まったということですが、
確かに個性的なお顔立ち。
エジプト系だそうで、そんな役も色々やっていたようですね。
このドラマ、1シーズンで終わりかと思ったら、
シーズン3まで決まっているそうです。
確かにあの最終話だけでは謎が多すぎる。
ネットセキュリティ会社にお勤めのエリオット。
人と関わるのが苦手な彼の趣味は人の生活を覗くこと。
もちろんパソコンをハッキングしてね。
心にも闇を抱えているようでカウンセル通い。
モルヒネも常用していて依存を防ぐ薬も服用中。
幼なじみのアンジェラは職場の同僚、
カウンセラーのクリスタに少し恋心を抱いていたり、
隣に住むシェイラにはモルヒネの調達をお願いしているらしく、
少しは人と関わっているみたい。
全部女子だけど。
そんな彼はある日「fソサエティ」というハッカー集団からお誘いを受けます。
なんでも「世界を牛耳っている大企業のデータを破壊し、
みんなの借金を帳消しにする」という計画があるらしい。
準備は着々と勧められていくけど、驚愕の真実が明らかになっていきます。
あんまりコンピュータには詳しくないので、
そこの所を十分理解できないのが残念ですね。
後半の展開は「びっくりしたー」けど、
最近では「ゴッサム」に出てるB・D・ウォンが
女装して出てきたのが一番ビビったかも!
彼が物語の肝?
今の世界とリンクするところが多い物語。次も楽しみ!


「XファイルS3終了!」

モルダー死んだ?訳ないけど、ハラハラドキドキの第一話。
インディアンの謎の儀式で復活!
この頃はかなりの人気番組だったんだよね。
死んでる訳にはいきません。
全24話、こってりの内容です。
雷を操ったり、胃液を吐いて相手を溶かしたり、
死んだ兵士の復讐、日本人がエイリアンを人体実験したり、
エイリアンと人間の子供を作ったり、
人喰いゴキブリ、人間を襲う大量の小動物、
悪魔崇拝、謎の動く黒の液体、臓器売買にネッシー、
サブリミナル、ハメられたスキナー!
あぁ、こってり。
脚本だから仕方がないけど、
あれだけ色んな事を見てきたのになかなか信じないスカリーや、
同じくあれだけ信じてるのにたまに信じないモルダーがいたりするのね。
まぁ、ふたりで同意見で一致団結したら面白くないからね。
どちらかが否定の側に立たないとね。脚本だからね。
そして最終話。
モルダーママが倒れ、悲しむモルダーの顔が。涙
でも実は倒れる寸前、肺がん男と会っていた事を知り、
モルダー、直接対決のとき。
見たはずなのに全く記憶にないんだけど、
モルダーママと肺がん男、何かあったんだな。
命を操る男と実家にあった例の武器、
そしてあいつとの対決…
…トゥービィーコンティニュード!


「Xファイル2016終了!」

古と新を同時に見てたので、少し、混乱。
明らかに見た目が違うので見間違えることはなかったかな。笑
Xファイルが閉鎖されて14年。
モルダーとスカリーは別れちゃったみたいです。
別々に生活してるけど連絡先は知ってるらしい。
そんなふたりにスキナーから連絡が!
ってか本人のセリフにもあったけど、
14年経ってもまだ副長官。25年も副長官らしいよ。笑
政府の陰謀系のネット番組の司会者、オマリーが言うには、
エイリアン絡みで政府が何か企んでいる、らしい。
それはこのふたりがいなきゃダメでしょ、ってことで、
Xファイル再開!と言うわけでございます。
6話しかなくて、いまいち消化不良。
それなら陰謀説をメインにした展開にすればいいのに、
と大人の都合も考えず思っちゃったりしました。
だって、あのトカゲ男の回は明らかにコメディでしょ。
一瞬何が起きたのかと思ったわよ。
ところでこの2016は続きがあるのでしょうか。
ないとものすごく困るのですが。


今月の新ドラマ↓

「LAW&ORDER:UK・S4」
「NCIS・S14」
「シカゴ・ファイアS2」
「LAW&ORDER:クリミナル・インテントS9」

UK、午前の10:30からの放送って、どんな扱いだい!

11月の海外ドラマ

これだけ海外ドラマを見ていると、
脚本や設定に「あれ?なんか違和感」と思うことが多々あります。
とくに長く続いているドラマなんかは、
もうキャラが知り合いみたいなもんだから、
「彼はこんなこと言わないよぅ」とか、
「そのセリフ言わせるのはないでしょ!」とか、
「話の流れで面白くしようとしてるけど、彼女はそんなことしないでしょ!」
「いくらなんでもそんなことさせるなんておかしいよぅ」とか、
キャラのキャラがブレるとバレますよ。
あと編集がおかしいとか。
んもーって思っちゃう。


「クロッシング・ラインS3終了!」

何だかチームが締まらん!
それは、陰鬱(良い意味で)な雰囲気漂うウィリアム・フィクナーがいないから!
あー残念。
しかも、ルイは死んじゃったしエヴァとトミーもいない。
このチーム結構好きだったのにな。
という事で、新ICCが結成。
ボスのドルンはそのまま、
チームのボスはアメリカから、カリーン。
何と「LOST」のエリザベス・ミッチェルです。
前チームから続投、ドイツから、セバスチャン。
アナベラは、オランダ警察の刑事として前にちょこっと出演済み。
エリートのエレノアはイギリスから。
頭はいいけど、靴は履かない派。
同じくイギリスから、ルークは、
レズビアンのアナベラにの事が好きになって撃沈。
そして「ERの人だー」イタリアから、マルコ。
彼が出ていたERは見てなかったけど、知ってるという、
スーパードラマTVの宣伝効果。
マルコは誘拐事件のプロで、自身も子供の頃、妹を誘拐された、というエピ付き。
なので、そのことがたまにちょろちょろ出てきます。
解決しなかったので、これはまだ続く予定…かな?
お決まりの「私たちは家族!」的なエピが盛り込まれましたが、
イマイチ、この人たちにしっくり来ず。
でも、めげずにキャラ替えとかして(失礼)続けて欲しいドラマです。


「華麗なるペテン師たちS6・S7・S8終了!」

エマとショーンもだいぶ馴染んできたところで、
出てきました、ふたりを捨てた父親の登場。
いつも強欲な金持ちを騙してきた彼らだったけど、
彼はただの金持ち。
信条に反するけど、ショーンは騙してやりたいとメラメラ。
みんな協力するけど、なかなかなびかない父。
今回こそ無理かーと思ったけど、やっぱりなんとかするチームミッキー。
そのミッキーに呪いがかかったエピも面白かった。
そして最終話は何とみんな逮捕!
ここも、笑いが止まらないくらいの騙し騙され!
シーズン7にもなると、もうステイシーとダニーのことを忘れてきました。
別にタイプではないのに、夢にまで出てきたショーン笑。
エマが元カレに再会した時は、エマも普通の女の子”だった”んだなーと。
でもお金の価値観が違いすぎてあっさりさようなら。
さすがエマ姉さんです。
1シーズン6話しかないのに、2話がアルバートエピでした。
詐欺師のレッテルを貼られた曽祖父のかたきを討ち、
最終話では、昔愛した女と娘!が登場。
これも詐欺?と勘ぐっちゃうのは、ドラマの見過ぎ。
それにしても空港まで追っかければいいのに!
最終シーズンの始まりは私もスカーっとした、ロンドン五輪詐欺。
当日悔しがってるあの小娘のことを思うと、笑いが止まらない。
そして第4話で登場したのは「トーチウッド」の
キャプテン・ジャック・ハークネス!
胡散臭い詐欺師の役とあの笑顔がピッタリだった!
最終話ではまさかの全員集合。
1シーズン6話だったけど、8年間かけての放送だったこのドラマ。
ステイシーもそれなりに老けてたけど、ダニーがっ。
でも嬉しいサプライズにウルッとしてしまいました。
そんな中、アルバートが11月11日に亡くなってたことを知り。
そして彼が荒野の七人のうちのひとりだったことを知り。
さようならみなさん。
楽しい時間をありがとう。


「LAW&ORDER:クリミナル・インテントS7終了!」

でもやっぱり、しましま法はしっくり来ず。
だったら違うドラマにしちゃえばいいのにな、
なんて思っちゃう。
だってずっと同じキャラがいてこそ、感情移入できるから。
なのでゴーレン&エイムズのエピしかあまり記憶に残ってない。
ごめんよ、ビッグ。
そんなローガンakaビッグには新しい相棒ができました。
この子がかなり?はてな、なキャラで。
破天荒なローガンの上を行く破天荒ぶり。
破天荒というか、かなり空気の読めない女刑事で、
ローガンが振り回される、という今までと逆パターン。
人気がでなかったのか、契約がそこまでだったのか、ウィーラーが復活。
婚約者役の人はリアル旦那との事です。
そしてローガンはここで降板。
もう警察組織に嫌気がさしたみたいね。
ゴーレンエピは今回も充実。
ママンの死、停職、刑務所の精神科へ潜入捜査などなどてんこ盛り。
にして最終話でまたまた巨大な爆弾が。
今度は兄が殺され、ニコール復活、容疑者となり、恩師に裏切られ…
辛いな。
次シーズン、色男ビッグの後釜は蝿男!


「パーソン・オブ・インタレストS5終了!」

ファイナル・シーズンです。
1,2あたりはかなりハマってたんだけど、
リースがお腹ぽっこりして動きが鈍くなってから
(それだけじゃないけどね)そのハマりも薄くなってたけど、
終わりまで見届けましたよ。
コンピューターの仕組みは詳しくないけど、
なんとなーく理解はできたかな。
今シーズンは番号よりもマシンを守ることが先決。
まぁ、出てくる番号はサマリタンと関わりがあるもので、
身分を隠し偽りながら生活する皆さんを振り回します。
リースもラヴラヴだったアイリスとは”やっぱり”破局。
まあね、彼らに普通の生活は無理なのよね。
ショウの再登場シーンはおおー!でした。
ルートとのチュウはま、まぢ!?と思わず喜んだけど、
シュミレーションでした、というオチ。
でもきっとこのふたりは相思相愛だったのでしょう。
ファスコもようやく真実を知ることに。
そう言えばこの人、真実知らないでここまで来たんだねぇ。
やっぱり生きててよかった、イライアスもここで本当に退場。
そしてルートまで…
そして極めつけリースまで…
私たちがのほほんと暮らしている間、
こうやって闘っている人たちが本当にいたりして。
今はショウに頑張っていてもらいましょう。


「レイ・ドノヴァンS3終了!」

この人たちには普通の幸せは望めないのでしょうか。
これはレイパパ、ミッキーだけのせいではない気がします。
物語はミッキーの登場で崩れ始めた、みたいな話になってるけど。
今シーズンは新キャラが続々登場。
大富豪、フィニーに専属で雇われたレイ。
あれもこれもいつもの通りにフィックスしていくけど、
すべてがうまく行ったらレイ・ドノヴァンじゃありません。
娘のペイジ(ケイティ・ホームズ!)があれこれ絡んできて、
んもーやっぱりズボン脱いじゃうレイ。
これはもう病気ね。
ペイジが歯の矯正してるんだけど、
それが何だか役にぴったりで見ていて背筋が寒くなります。
ニッて笑った時とか。
そして神父殺害の真相を知ろうとする神父、ロメロ。
彼がレイの心を掻きむしりまくります。
ミッキーも相変わらずめちゃくちゃ。
コールガールたちを仕切ったり、コカインを売り始めたり。
それがアルメニアンマフィアにバレ、かなり危険な状態に。
ボス(「ツイン・ピークス」のローラママ!
しかもアルメニア人歌手役で「Lの世界」のカルメンが!
リーナとの絡みありで叫ぶ!)に、商売するなら商売料払えと言われ、
警察にはアルメニアンマフィアたちの逮捕に協力しろと言われ。
レイにはもう姿を消してくれ、と言われ。
このふたりプラス、テリーは病気が悪化したり、
アビーもレイに振り回されて家出したり、
ブリジットは学校の先生と付き合ったりしてね。
とりあえずあんまり害のないのはコナーくらい。
チェリー卒業できてラッキーだったほど。
結婚したバンチーも幸せそうだけど、この家族じゃ先が心配…
心配だらけのドノヴァン家です。


「MajorCrimes・S4終了!」

最初にも書いたけど、
こちらのみなさんはキャラにブレがなくて素晴らしいです。
地味めだけど、キャラ立ってる。
基本一話完結だけど、ラスティの件とか結構引っ張ってました、今回。
ジャーナリズムに興味のある彼が、身元不明の”アリス”のことを調べ始め、
奮闘しながら真実を追い求めたエピはよかったな。
彼氏もゲットしたし。笑
日本でも結構いなくなる人って多いんだろうけど、
アメリカってもっと色んな意味でいなくなる人が多そう。
ひとりの子を捜査するのもあんなに大変なのに、
全員を捜査するとなると気が遠くなるくらいの人数なんだろうな。
元夫が同情したくなるくらい迷惑過ぎて困ってるシャロンだけど、
フリンとラヴラヴで何より。
このふたりは好きなカップルです。
あとプロベンザとパトリスもいいねぇ。
最後の結婚式で「孫を逮捕したのがなれそめなの」
ってパトリス、ウケるわー。
19話から5話は、ひとつの事件をこってり追っていました。
フリオの奥さんの件がこってりでてきたり、
サイクスもタオの元相棒、ヒックマンにこってり。
なかなか顔と名前が一致しなくて困りましたが、事件は解決。
事件を複雑にするのは、人間の嘘。


「アリー my Love・S3終了!」

ほんとに大丈夫?と、
本気で心配になるアリー・マクビールさんです。
それは第一話からたっぷりと。
そして最後の最後まで。笑
ここで書くととてつもなく長くなりそうなので省略。
色々な”事件”もあったシーズン3。
アリーパパとは知らずジョージアが浮気しそうになったり、
ビリーの行動がおかしくなったり。
ビリーのあの行動はアリーと同じくらい心配しました。
実は昔むかし、シーズン3まで見ていたことがあるので、
その原因は知っていたけど、ほんと大丈夫?な状態。
突然の金髪にビリーガールズ、
「妻はおとなしく家にいろ」発言などなど。
ビリーの退場はもともとそういう話だった?
それとも中の人が何か悪いことした?
と疑っちゃうのは、ドラマの見過ぎですかね。
所内の恋愛事情も色々ありました。
おかしくなったビリーはジョージアと離婚。
ジョージアは事務所を離れることに。
リチャードとリンが別れたのは今シーズンだっけ?
ジョンもあれやこれやでネルと別れ…別れてばっかりね。
アリーはと言うと、衝撃の1話目で知り合った男とは…
まぁうまくいくわけはなかったけど、
心を病んだホームレスだったり、
いい男だと思ってわざ車ぶつけたのに豚鼻だった男だったり、
(この人SATCのジャズ男!)
コーヒー屋さんの店員にキスされキレたら実は判事だったり、
(ハンク!)
ネットで知り合った自称33歳の男が実は高校生だったり。
でも最後にはイギリス人弁護士のブライアンとラヴラヴアリー。
最終話は始まりから終わりまでずっとみんなで歌ってた。
ここで終わってもいいように作った?
と疑っちゃうのはやっぱり?


今月の新ドラマ↓

「華麗なるペテン師たちS7、S8」←今月中に終了
「LAW&ORDER:クリミナル・インテントS8」
「フォロイングS3」
「Xファイル’16」
「リミットレス」
「リーサル・ウェポン」
「NCIS:ニューオリンズS2」

古いモルダー&スカリーを見ながらの新しいモルダー&スカリー。

10月の海外ドラマ

立て続けに別のドラマを見ることがあります。
するとたまに、よく見るゲストスター的な人(たいてい犯人)に
続けて会える事があるのでびっくりします。
製作年も全然違う時もあるし、
これって何のお告げなんだろう。

「華麗なるペテン師たちS3・S4・S5終了!」

シーズン3になってから「面白さに磨きがかかった?」と思うように。
脚本家でも変わった?ってくらい。
いつも”金持ちから金を盗る”ってのがポリシーだった彼らだけど、
今シーズンは暇つぶしとか、最終話のアルバートを救え!みたいに、
人助けのため、ってのが多かったな。
この詐欺師たちも心のある人間。
こういうエピがあると、キャラに感情移入しやすいです。
ああ、この人たちも大事にしてる人がいるんだな、って。
シーズン4は、あれ?1話目からミッキーがいない…
なんでもオーストラリアへ行っちゃったとの事。
一話限りかな、と思いきやさっぱり出てこなくて最終話に。
その間はダニーが「俺がリーダー」とかうるさくて、
新人くんも入ったけど、何だかチームが締まらない感じ。
ハリウッドサイン詐欺とかラスベガスとか、
アメリカネタが多かったな。
そしてシーズン5。おかえりミッキー!
の代わりに、さよならダニー&ステイシー。
なんでもアメリカにいるそうよ。
アルバートが仕掛けて入った姉弟。
お姉ちゃんはミッキーが気になるみたい、
そして弟はお姉ちゃん大好きのシスコン。
ヤキモチ焼いたりして、この人、
そのうちチームに迷惑かけるのでは…


「セカンド・チャンス終了!」

あんまり情報がないのだけど、多分打ち切り?
続きあるように終わらせてるけど…
「ホワイトカラー」のピーターも出てるし、
あらすじも面白そうだと思い、見てみました。
頑固一徹、酒、女、汚職…と家族に散々迷惑をかけてきた
元保安官のジミー・プリチャード、75歳。
そんな彼はある日強盗に殺されてしまいます。
死んだはず、なのに奇跡的に目を覚ましたジミー。
鏡を見るとあら、びっくり。
容姿は全くの別人。しかもかなり若い。そしてものすごく強い。
そう、彼は双子の天才の手によって生き返ったのですー!
まず彼が訴えたかった事。
それは強盗に殺されたのではなく、昔の仲間に口封じで殺されたということ。
FBI捜査官の息子、デュヴァルに助けを求め…
るけど、もちろん信じてもらえない。
その前にデュヴァルはお父さん、嫌い、なので門前払い。
でも、徐々に信じ始め心を開いて行くのです。
双子の天才が経営している最先端のIT企業、ルッキンググラス。
何でも教えてくれる人工知能アーサーは、
便利なようでターミーネーターみたいな世界を生みそうだよね。
いいやつなんだけど、主には忠実。←ここが一番怖い。
生き返り技術は今はなさそうだけど、
こんなことしたらみんな死ななくて大変なことになりそう。
お金さえあれば命が買える日、そのうち来る?
期待してたピーターだったけど、いまいち魅力的なキャラでなく。残念。


「アメリカン・クライムS1終了!」

ライアン・マーフィー制作「アメリカン・クライム・ストーリー」ってのもあって、
エミー賞見ながら一瞬固まってました。
フェリシティ・ハフマンが「毎シーズン違うキャラになるから…」って言ってて、
ますます混乱。
ようやく別物だと納得して見始めたのが「アメリカン・クライム」。
ものすごく救われない物語だった。
これだけみんな不幸って、アメリカの闇、深すぎ。
アリゾナに暮らすラスは、息子、マットが殺害されたと知らさせ、
カリフォルニア州モデストへ向かいます。
一緒にいた妻グウェンは昏睡状態。
元妻、バーブも駆けつけるけど、
このふたり、あんまり良くない別れ方をしたみたい。
犯人として捕まったのは黒人でドラッグ中毒者のカーター。
恋人で白人のオーブリーも同じくドラッグ中毒。
ここにメキシコ移民の家族や不法滞在の男や、
アジア系と婚約したマットの弟が絡んできたりして、
もうめちゃくちゃになります。
プラス、子供を守りたい親、真実を受け止めない親、
プライドのせいで、秘密にしたせいで、話が複雑になっていくのです。
見てて思ったのは、あー何かみんな自分の事しか考えてないなー、
ということ。
真実は誰かの手によって捻じ曲げられて、
もうそれは真実ではなくなってしまうということ。
裁判なんてほんとゲームだね。
愛し合うふたりに邪魔はできないけど、
他人に迷惑かけちゃいけないね。
誰にも感情移入ができなくてあー苦しい、と思ってたけど、
あとの方に出てきたマークの婚約者が唯一まともな人で、
彼女のおかげで最後救われたわー。


「フレンズS5終了!」

ロスの結婚が破綻して、
あーでもやっぱりーあーでも…
しまいにはエミリー、レイチェルともう関わるな、なんて。
それで許せるの?無理でしょう?
まぁ、あっさり他の男と結婚したみたいで、ロス、撃沈。
そんな兄のゴタゴタをよそに、
モニカはチャンドラーと秘密にラヴラヴ。
でもジョーイにバレ、レイチェル、フィービーにもバレ。
秘密の恋は燃えるとは言っても、周りが迷惑。
んで宣言する前にロスにもバレて、秘密のラヴラヴ終了。
あ、フィービーが出産したのもこのシーズンね。
出産後、刑事さんと付き合って同棲まで行くけど、
初日に彼が朝からうるさい鳥を銃で撃って、同棲終了。
レイチェルは同じアパートに住むダニーといい感じに。
最初はヒゲボーボーの変人だと思ってたけど、
ヒゲ剃ったら結構いい男であららん。
レイチェル、アリーみたいだな…
でもこの男、お姉ちゃんとお風呂に入っちゃうシスコン男…
そこはさすがのレイチェルも譲れなかったらしい。
モニカとチャンドラーにしばらく振り回されてたジョーイ。
念願の映画出演でラスベガスに行くけど、
残念ながら撮影は延期に。
とりあえず生活費を稼ぐためカジノで働き始める。
そんなジョーイに会いにみんながラスベガスに集合。
モニカとチャンドラーは結婚!を決めるけど、
何とチャペルには先客が!!



今月の新ドラマ↓

「華麗なるペテン師たちS4・S5・S6」←S4・S5は今月中に終了
「アメリカン・クライムS1」←今月中に終了
「LAW&ORDER:クリミナル・インテントS7」
「CSI:科学捜査班S15」
「キャッスルS8」
「MR.ROBOT・S1」
「BONES・S11」
「SUITS・S4」
「LAW&ORDER:性犯罪特捜班S18」
「ウォーキング・デッドS7」
「クリミナル・マインドS8」

あれもこれも始まって大忙し!

今月の海外ドラマ

9月はエミー賞の季節です。
あれ?いつもエミーの前にゴールデングローブ見てたのにな、
今年は放送なかったのね。
エミーやゴールデングローブもちろんアカデミーも、
たくさんの知り合いに会えるのでかなり興奮します。
日本で見れるドラマも増えたけど、
まだまだ入ってきてないのもたくさん。


「ウェイワード・パインズS2終了!」

シーズン1の内容は原作から作ったものだったのだけど、
このシーズン2はオリジナルで作ったみたいです。
確かにあれでは謎が多すぎて消化不良。
でも消化してくれるはずのシーズン2でさらに消化不良…
イーサンの死から数年後、ウェイワード・パインズは、
ピルチャーの魂胆通りジェイソンが仕切ってました。
この新しいシステムでは、みんなここが未来だって知ってるのかな。
あんまり隠してる感がなかったような。
選ばれた人間がここに来ているはずなのに、
ちゃんとした医者がいない!ってどういうこと?と思ったけど、
ちゃんとした医者が必要になり目覚めたのが、テオ。
彼を中心に、今回は謎だった街のこと、アビーのこと、などなど、
少しずつ明らかになっていきます。
この時代で大丈夫、と思って街を作ったのだけど、
まだアビーが滅びてなくて…
でも最後まで見てみると、アビーはそんなに凶暴な生き物ではなくて、
ピルチャーが脅威だからと言って虐殺したのが悪かったのでは?
あれがなければ共存できたのでは?なんて思ったり。
最終回を見る限り、シーズン3作る気満々そう。
是非実現していただきたい。だって、
再び眠りについた住人たちの件、
メスのアビー、マーガレットの件、
ケリーは生きてる?
残された人々は?
次に目覚めるのは何千年後??
最後は人類vsアビーが見られると思ってたのに、
それがなかったのでちょっと物足りない感。
テオ、目覚めさせてもらえるか心配。


「華麗なるペテン師たちS1→S2終了!」

1シーズン6話のイギリスドラマ。
シーズン1は2004年制作だって。
携帯の形とか見ると、ちょっと前かな、
と思ってたけど、12年も前だった。
んー、と思ったけど、
同じく詐欺師モノ「レバレッジ」好きだったし見てみることに。
なかなか面白いです。
結構失敗して人間らしさが出てるのがいいですね。
リーダー格のミッキーはその道では有名人の詐欺師。
引退前にもうひと仕事、ということで昔の仲間に声をかけ、
チーム結成です。
ベテラン詐欺師のアルバートは上品なおじさま。
当たり屋をしていたアッシュは、チームの何でも屋さん。
唯一の女性ステイシーは、もちろん色仕掛け担当。
プラス新米詐欺師のダニー。
計5名で、強欲な金持ちをうまく騙していきます。
新米ダニーが裏切る?失敗する?と終始ヒヤヒヤ。
離婚が決まったミッキーとステイシーの関係。
同じく当たり屋だった妻の看病をするアッシュ。
もう若いのに譲るわ、と引退表明したアルバート。
人間模様もいろいろです。
そしてシーズン2。
気にしてた人間模様も、あれ?ってくらいなかったことに笑。
まぁ、いっか。
強欲な金持ちをすこーん!騙すのがいいのよね。
ステイシーを騙した詐欺師の夫をすこーん!と騙したエピ、
最高でした。
1シーズン全6話なでのでさくさく進むよー。


「キャッスルS7終了!」

キャッスルとベケットの中の人同士がとっても不仲、
というのを知ってから、
どうも見ててそのことばかり考えちゃう。
夫婦になって更にラヴラヴのシーンが増えたのに、
チューの仕方がなんだかおかしいとか、
見つめ合うシーンもホントは、
「キモい」くらい思ってるんじゃないかとか、
カット!のあとは口も聞いてないんじゃないかとか、
余計なことばかり気にしてしまって話が入ってこないの。
そんな中、ベケットが降板とかいう情報も入ってきて。
ベケットいなかったら無理だよね…
えっと今シーズンは。
行方不明になったキャッスルが記憶喪失で戻ってきて、
その空白の時間の件がメインになると思いきや、
意外とあっさり解決?です。あれで解決なんだよね?
思いっきり盛り上げておいてあれですか?っての、
よくあるパターンだけどね。
各エピの事件は相変わらずおもしろいんだけど。
そうそう、キャッスルがベケットたちと働けなくなって、
探偵になったりしてた。笑
頑張って刑事になればいいのに。笑
最終話まで引っ張ると思ってたキャッスル空白の時間の件が
早めに解決したのでどうするのかなーと思ってたら、
なになに?キャッスル11歳の時の衝撃の体験の件がここで登場。
しかも犯人。バレバレ。


「Hawaii five−0・S6終了!」

普通におもしろいファイブオーです。
特に個々のキャラに入れ込む事もないけど、
ダニーがやっぱり好きじゃないけど、
マシ・オカがレギュラーなのか怪しいけど、
普通に楽しんでます。
ヒヤヒヤさせられるけど、最強だからねーマクギャレット。
でも!そのマクギャレットがあんまりセリフもなくて死の瀬戸際に!
の最終回は、ま、死なないとは思ったけど、ヒヤヒヤしました。
でもあの終わり方は、ここで打ち切りになってもだいじょーぶ。
的な作りでしたね。
次のシーズンもあるみたいですが、
元々契約がとりあえずシーズン6までだったらしく。
んまあ、ここで終わっても美しいかなっ、て作ったのかな。
だからなのか、今シーズンは個々のエピが充実してましたね。
スティーヴはキャサリンの秘密任務のことを知り、愕然。
キャサリンには是非戻ってもらいたいけど…どう?
アダムは極悪ガブリエルに翻弄され、
せっかく結婚してラヴラヴのコノを困らせます。
そしてチンは、ファイブオーを探るスパイとして配属された
FBI捜査官、アビーとラヴラヴに。
でも死んだ妻の姪が出てきて…ちょっと複雑。
ダニーはなんかあったかな…
あ、娘のグレイスがすごく美人さんになりました。
ルーも昔の相棒とゴタゴタで、家族までもが危険な目に。
シーズンも長くやってると事件だけでなく、
キャラの私生活に触れてくれるのもドラマの醍醐味ね。
マシ・オカ、もう次は出ないのかな…


「フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS1終了!」

あの「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品。
絶対見るでしょ。見るよねぇ。
舞台はロサンゼルス。
本家と違い、物語の始まりはウォーカー誕生のちょうどその時。
でもやっぱりどうしてこうなったか、ってのがわからない。
一番知りたいところなのに。
教師のトラヴィスとその恋人、マディソンは、
マディソンの子供、ニックとアリソンと暮らしています。
ある日麻薬中毒者のニックは、
麻薬を使うために寝床にしている空き家でとんでもない光景を目にします。
一緒に楽しんでいた女の子が人を…食べてる?
びっくりして逃げるニック。
そうです。恐怖はもうそこまでやってきていたのです。
話をよくよく聞くと、
もうすでに各地でそういう事件が起こってたらしく、
あー、パニックならないように政府が情報操作してたんだろうなー、
と予測。
何がイライラしたって、
ウォーキング・デッドを見ている私にしてみれば、
どこが急所なのか、とか、もう手遅れなんだ、とか、
わかってるのに、何も知らない人々の行動ですよ。
ここにいれば大丈夫←大丈夫じゃない。
きっと治る←治らない。
殺しちゃダメ←殺さなきゃダメ。
窓開けっ放し←ほんとダメ。
とりあえず食料持って逃げる←武器も持て。
家族を救うために閉じ込めてたウォーカーを外に出す
↑リックに怒られます。
真実を知らず、知らないって怖い。


「CSI:科学捜査班S14終了!」

ちょっとマンネリ化してきたかな。
面白いんだけどね。安心感はあるんだけどね。
長くやってるといろいろあるみたい。
今回はニックが途中でいなくなったりしました。
揉めてる話とか聞くと見てる時に影響するから、
ほんとは聞きたくないけど聞いちゃう。
そう考えるとオリジナルキャラで何もないのは、
グレッグとブラス警部くらい?
そうそう、偶然見た映画でグリッソムが出てきて、
あら!と喜んでたらすぐ死んじゃったな…
ドラマでは主役なのに、映画じゃ端役、ってのが多いのよね。
そんなちょっと中の事情が気になりながら見たシーズン14。
モーガン&エリーの拉致事件から始まり、
ブラス警部とエリーで終わる。
そういえばシーズン通してのシリアルキラーっていなかったな。
相変わらず凝った殺人が多かったけど、
KISSのジーン・シモンズの髪型もすごかったな。
そして楽しみにしてたスピンオフ「サイバー」とのクロスオーバー。
パトリシア・アークエットがCSIって!
ちなみにブラス警部、ここで降板とのことです。
だからあのエピか。
続いてファイナル・シーズンの15が放送。
みんな(ウォリックは無理か)出てきて欲しいよね。


「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル終了!」

楽しみにしてたシリーズ。ホテルです。
なんといっても一番の楽しみはマット・ボマー!
残念ながらニールが抜けてないんだけどね。
ロサンゼルスにある歴史ある古いホテル「コルテス」に
チェックインしたふたりの若い女性は、
古さやネットが繋がらないことに文句タラタラ。
しかもこの部屋なんか臭い…
嗚呼もうなんだか嫌な予感。
そこから物語は止まらない。
残酷な殺しを続けるシリアルキラーを追う刑事。
彼がホテルで見たのは、数年前行方不明になった我が子。
その我が子を誰よりも愛する妻。
コルテスの女主人とその恋人。
女主人の恋人の母親とトランスジェンダーのバーテンダー。
コルテスを建てた男とデビルズナイト。
ホテルを買い取った男。
女主人が愛した男と彼女を憎む女。
そのホテルから出られない人々。
書いたらきりがないほど、絡んでくる人々。
明らかになる真実、過去、謎。
ホテルで死ぬとホテルから出られなくなる。
ホテルで死にたくない人と死にたい人がいる。
ホテルに入るまで「死なないで!」と応援したわ、私。
クイニーの魔術もかなわない、恐るべし、コルテスの住人。
現実を受け止めてるスカーレットが一番すごい。


今月の新ドラマ↓

「華麗なるペテン師たちS1・S2・S3」←S1・S2は今月中に終了
「フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS1」←今月中に終了

なーんか寂しい。
でも10月にどどーんときそうですぞ。

8月の海外ドラマ

こういうのって何ていうのかなー。
リメイクでもないしなー。
何度も見たい映画「ゴーストバスターズ」が30年以上ぶりに復活!
メインのキャストが全員女性にし、リブート!
なるほど、リブートって言うのか。
予告みたら懐かしさと期待が相まって思わず大泣き。笑
最近感動して泣くことが多いです。


「LAW&ORDER:SVU・S17終了!」

相変わらず面白すぎのSVU。
たまにスカーっと終わらないことがあったり
モヤモヤすることもあるけど、現実味があってますます面白い。
今回もイエーツの件に始まり、監察医のラドニックの裏切り、
過去の事件がほじくり返されたり、オリビアが監禁されたり、
バーバが脅迫されたり…
凶悪事件もてんこ盛り、ヒヤヒヤハラハラ、んもー、
な事も多いけど、今回はハッピーな話題もありました。
アマンダの中の人が妊娠、と言うことで、
お馴染みのキャラも妊娠のエピになり。
中の話で言うと、フィンとカリシもパパになるらしく。
このドラマに出ると子どもができる?ってくらいの妊娠率。
オリビアにも久々にロマンスが。
でも相手が内部調査部のタッカーakaゴシップチャックパパ。
最後にはノアと3人手を繋いでルンルンルン。
でもそのルンルンルン前には悲しい出来事が…
登場した時から死亡フラグが立っていて、
最後にはあれ?違った?と思ったけど…の彼。
しかも撃たれたの2度目なのよね。
何かの事情で脚本書き換えた?
あー何度も言うけどシーズン1から放送しないかなー。


「アウトキャストシーズン1終了!」

「ウォーキング・デッドの原作者が仕掛ける…」
と聞いただけで、はい見ます。となりました。
こちらの闘う相手はゾンビでなく、悪霊。
第一話目の、ジョシュアくん(悪霊に取り憑かれ中)の、
あの衝撃的なシーンにかなり期待したのよね。
ジョシュアくん、じーっと壁の虫を眺めてると思ったら、
いきなり頭突き(確か)血まみれの虫をベローン。
おおー!これはキテる!!と思ったのよね。
でもゾンビには勝てなかった。笑
物語の舞台はロームという田舎町。
元妻から接近禁止令を出されちゃったカイルは、
娘とも会えず薄汚れた実家で暮らすことに。
彼は子どもの頃、母親の虐待を受けて里親に引き取られていて、
ちょっとダークな過去があるみたい。
牧師のアンダーソンとは前からの知り合いで、
彼はこの町にはびこる悪を追いだそうと闘っていて。
それにはカイルの力が必要らしい。
ちょっと変だけど普通に見える人々。
アンダーソンによれば、彼らには悪魔が取り憑いているとのこと。
”アウトキャスト”と呼ばれるカイルが故郷に戻ってきたからか、
悪魔はあちこちに出没。悪さをしまくります。
それは彼の愛する者たちにも影響を与えます。
冷静であんまり表情が変わらないカイル。
不幸を呼びそうな雰囲気を醸しだしてます。
シーズン1の全10話ではいまいち理解できなくて、
これ、もう終わりかな、と思ってたらシーズン2もあるらしい。
カイル、いったいお前は何者なんだー!


「ホワイトカラーS5終了!」

全13話、毎日2話ずつ。
一気に見ちゃうからすぐ終了。
シーズン4見たのがかなり前…
そうそう、立場逆転、ピーターが刑務所に収監されたんだった。
何とかしてピーターを救おうとしたニールは、
宿敵ヘイガンと悪魔の取引をしてしまいます。
今シーズン前半はそのヘイガンに振り回され、
ピーターも、また裏でコソコソやってるな…と怪しむ、
という、いつものパターン。
途中でダイアナが出産(いつものリアル妊娠)したりして、
うまーく話を持って行き、
そして出ました。レベッカの登場です。
サラがいなくなってかなり寂しいニールと私。
また良さそうな人が出てきたなーと思いきや、何か怪しい。
怪しいな、でもお似合いな、と思ってたら。
やっぱりこいつ、ただ者ではなかったようです。
そんな中、ピーターはワシントンDCに栄転の話が。
ニールが心配だったけど、心機一転、行くことに。
ピーターがいなくなったらニールは?
考えたニール、もうこれだけ貢献したんだから刑期満了ってことで、
とピーターに直訴したんだけどね。
FBIは、”使える”ニールを手放したくないらしく。
ち、なニール。逃げる?どうする?どうなる?
次シーズンでファイナル!


「メンタリストS7終了!」

またひとつ、ずっと見てたドラマが終わっちゃいました。
こういうの、もう新しいエピが見れないと思うと本当に寂しい。
前シーズンで宿敵、レッドジョンとの闘いも終わり、
ファイナルシーズンはオマケみたいなもの?
CBIは解散したし、リグスビーとヴァンペルトも出てこなくなったし、
何か無理無理な感じでFBIになったし。
(またチョウさんと一緒ってちょっと無理無理)
まぁ、仕方がない。
だってこれは、あのカップルのためのシーズン。
もうね、見てて恥ずかしくてたまらななかった!
主役ふたりがくっつく、ってよくある話だけど、
なんかこのふたりは妙に照れる。
くっつかなさそう、と勝手に思ってたのもあるし、
急にキタ!ってのもあるし。
とにかく、でへへ〜になってるふたりを直視できない。笑
最後の結婚式のシーンは、本当にクランクアップだったのかな、
と思えるくらいみんなではしゃぎまくっててウケた。
チョウさんなんか見たことないくらい笑ってたし。
そのチョウさん、好きなキャラなのに今シーズンは何かただいるだけ…
サマー以降、浮いた話もなかったし、
嗚呼、できればサマーとラヴラヴで終わって欲しかった…
ほんと、かわいいカップルだったのに。
新キャラもいい感じでした。
アボットもよいボスだったし、天然ワイリーもよかった。
でもヴェガの死亡フラグは…必要だった?
あんなのチョウさんが悲しむだけだわ!
でもとにかくハッピーハッピーで終わったメンタリスト。
リズボンのウェディングドレス姿、キュートだったな。
みなさん、また別のドラマで逢いましょう〜


「SUITS・S3終了!」

事務所合併話からスタートのシーズン3。
珍しく殺人事件なんか絡んできて、
ちょっとシリアスな展開。
このままイギリス人に支配されるのか…
いやいやそれはジェシカが許しませんよ。
ハーヴィーとも仲違いしちゃったけど、
みんなで力を合わせて解決。
あれやこれやまた事務所名変更して、
「ピアソン&スペクター」の誕生です。
今シーズンは愛だの恋だのが目立ちました。
ジェシカも元夫の件であれやら、
ハーヴィーのまさかの”スコッティ愛してる”件は、
あれ?ゾーイ愛してるじゃなかった?もういいの?
マイク&レイチェルもうまく収まったし、
ドナもひとときの恋を楽しみました。結果は残念だけど。
そして一番最高のカップルが、ルイスとシーラね。
預かった猫返したくなくて裁判(模擬だけど)したりする彼が、
同じくクセのある女性とくっついて。
こちらも結果は残念だったけど、ルイス応援してるよ!
毎度ヒヤヒヤさせられたマイクの詐称の件。
確かに、すごい仕事しても名前が出せないのは辛いね。
ってか天才なんだから最初から気づいてよ…
そういうところがちょっと足りないマイク。
転職、いい機会なのかもしれないけど…


「イレブンス・アワー終了!」

いくらヒットメーカーのプロデューサーが手がけても、
打ち切りになっちゃうドラマもあるのよね。
なんだか古臭い(失礼!)なー。
いつの時代のドラマなんだ?と調べてみたら、2008年でした。
あ、そんなに古くないのね…失礼しました。
ちなみに私は好きでした。
まぁ、確かにキャラ立ちがやや弱かったけど、物語は好きな感じ。
よくあるFBIエージェントとコンサルタントのチーム物。
珍しいことに、主役のふたりはもうすでに知り合い同士。
こういうのってまずどうやって知り合うか、から始まるのが多いよね。
ドクターフッドは、知識豊富な科学者。
彼の護衛をすることになったのがFBIエージェントのレイチェル。
ふたりで力を合わせて摩訶不思議な事件を解決してく…って内容。
Xファイルっぽい?と思ったけど、
起こる事件はちゃんと科学で証明できるもの。
マッドサイエンティスト的な人が事件を起こしていくのです。
クローンとか病気が治る水とか海がないのに溺死とかふたつの心臓とか…
あーあ、もうちょっと見たかったな。
ほぼ毎回知り合いも出てて楽しかったし。
一番喜んだのが「モダン・ファミリー」のルークかな。
まだちっちゃくて可愛かった!演技力も抜群だし。


今月の新ドラマ↓

「ホワイトカラーS5」←今月中に終了
「セカンドチャンスS1」
「NCIS:LA・S7」
「イレブンス・アワー」←今月中に終了
「クロッシング・ラインS3」
「フレンズS5」
「レイ・ドノヴァンS3」

突然の打ち切りドラマって多いんだよな。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム