私とムーランルージュ

ムーランルージュ」さんが旭川店をオープンさせてから早1年。
当初の予定では、3ケ月限定、という事だったけど、
嬉しいことに延長に延長を重ね、あっと言う間に1年ですよ。

ムーランルージュさんを知ったのは、2年前の1月。
当時は函館に住んでいて、札幌に遊びに行った時のこと。
ネットで「札幌、毛糸」と検索したら出てきたのが始まり。
その時はまだお店が桑園にあって、真冬の寒い雪道の中、
地下鉄西18丁目駅から歩いて(今思えばこの選択は間違い!)、
ようやくたどり着いたのでした。

初めて見るコーンに巻かれた糸に少し戸惑う私。
買い方も分からず、
他のお客さんの話を盗み聞きしながら品定め。
1月ということもあってお店はセール中。
お客さんも次から次へと来店。
「織りにハマったの!」「こんなの作ったの!」と、
今では幾度となく聞くこの会話も、その時は新鮮だったな。
その時買ったのは、今ではあんまり手に取らない地味~な糸。
お会計のジャンヌさんに「何かできたら見せてくださいね」
と言われて、北の夢糸をプレゼントされたのを覚えてる。

それからブログをチェックするようになって、
旭川ではイベントに出ていることを知る。
「ちぇーっ、何で旭川なのよ。」と旭川出身の私は嘆いていた。
そして旭川に引越す事が決まったのが5月。
それからはこっそりと、
ムーランさんが出るイベントに出没していたのでした。

衝撃的な情報を知ったのは去年のイオンのイベントで。
何とマルカツにお店をオープンすると言うではないですか!!
オパさん、あの時は古布を裂いて帽子を編んでいたね。

それまではおうちでひとり、何の疑問も感じず編み物してた私。
”編み物しにきてね”のひと言で、私は決心したのです。
最低でも1週間に1度はここに来よう、と。
そしてあれから1年、週一どころかそれ以上お邪魔することに。
今に至るまで何度あのエスカレーターを上ったか。

私に、自由な編み物を教え、織りの素晴らしさを教え、
そして未知の世界だった紡ぎを教えてくれたムーランルージュ
同じ興味を持った仲間たちに出会わせてくれたり、
世界を広げさせてくれた、かけがえのない場所。

ありがとう。そしてこれからもよろしくお願いします!

糸棚

今までは色別に分けていたうちの糸棚。
今回は素材別にしてみた。
たまに整理すると、こんなの持ってたのね、私・・・
ってのがあるから面白い。
糸を使い切ってコーンだけになるとすごく幸せな気持ちになる。

tag : 北海道旭川 ムーランルージュ 手織り 手編み 手紡ぎ 毛糸 アートヤーン

コメントの投稿

非公開コメント

きゃあぁぁぁ 糸たち すごいですね・・・。またお留守番の時に お会いできるかしらね。
私もムーランで織りを知って はまって 今じゃ織らない日はないくらいですよぉ
bag 作ってますよぉ(*゚▽゚*)

Re: 自分でもびっくりです。

織姫シスターズの妹 さま。

コメントありがとうございます!

改めて整理してみて、”あー、こんな糸もあったのか~”
と思ったりもしましたよ。

バッグ、また見せてくださいね!!
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム