本日の映画:GAMER(2012/7/10)

GAMER」('09・アメリカ)。


2034年。
天才クリエーター、ケン・ラッセルは、
新たなオンライン・ゲーム”スレイヤー”を開発。
それは、生身の人間をプレイヤーが操作し、
ゲームの中で死ねば実際にも死んでしまう、というものだった。
”スレイヤー”になるのは、脳手術を施された囚人たち。
30回勝てば釈放が約束されていた。

スレイヤーのひとり、ケーブルは、あと1回勝てば釈放される、
ということもあり、全世界の注目を浴びていた。
彼は無実の罪で投獄されており、妻と娘に再会するため、
何がなんでもこのゲームに勝たなくてはならなかったのだが・・・


★★★


マイロくんに会いたいから見たいリストに入っていた第2弾。
期待はしてなかったけど、その期待を裏切ることなく・・・
もうね、恥ずかしくて直視できなかったわよ。
台詞はなし、ということで良かったですか。

それにしても、その内現実になりそうな内容。
パソコンやってる間は脳が死んでる状態になる、と言うけれど、
この映画を見てる間、私の脳は動いていなかったと思う。
目がチカチカして、洗脳されそうだった。←そんな気がした。
あんまり機械に頼りすぎるのも問題です。
ターミネーターの世界みたいになったら困るし。



ケン・ラッセル役は「デクスター」の主役の人だね。
しかーも。
あんまり必要性を感じなかったジーナ役で、
キーラ”ブレンダ・リー”セジウィック姐さんが。
「クローザー」の合間にこんな映画出てたのね・・・

tag : 映画 GAMER

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム