本日の映画:コニャックの男(2012/4/28)

コニャックの男」('70・フランス=イタリア)。


1787年4月12日。
ニコラ・フィリベールがフランスからアメリカにやって来る。
5年後、アメリカ人のマーガレットと結婚することになったが、
フランスに妻がいることがばれ、結婚式は中止。

ニコラは、妻、シャルロットとの離婚手続きをするため、
再びフランスへ向うのだが・・・


★★★


実は殺人犯のニコラ。彼が戻ってきた事で町は大騒ぎ。
でも特に罪に問われないところは時代のせい?
ようやく見つけ出したシャルロットは、
ゲランド侯爵の恋人になっていて、
何だか偉そうな人(名前忘れた)にも求婚されている。
ニコラが夫だとは言い出せない。だからゴタゴタが起こる。
このゴタゴタをさらにゴタゴタにするのが、
革命派と王党派の争い。逃げたり捕まったり大変なことに。
最初から最後までノンストップのゴタゴタドタバタ感。
もうね、見てるだけで体力消耗。

それにしても「コニャックの男」の意味って?
お酒飲んで酔っ払ってはいたけど・・・

コニャックの男


いつも思うんだけど、ジャン=ポール・ベルモントって
誰か・・・いや何かに似てる。

tag : 映画 コニャックの男

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム