本日の映画:エスター(2012/4/4)

エスター」('09・アメリカ)。


3人目の子どもが死産になり、悲しみに暮れていたケイトとジョン。
彼らは心の空白を埋めるため、養子を迎える決意をする。
孤児院から引き取ったロシア人で9歳のエスターは、
利発で愛想も良かったが、
他の子とは違う、少し個性的な子どもだった。

死産になつた子どもへの愛情をエスターに与えるケイトだったが、
徐々に彼女の奇行に気付き始める。
その事をジョンに警告するが、彼は全く信じてくれない。
そしてケイトは、周りから孤立していってしまう・・・


★★★


怖いよ、エスター・・・
あなた怖いよ・・・

聖書とかも出てきて、宗教がらみ?オカルト?
エスターは悪魔の子なの?ダミアンの仲間なの?
などなどと思って見てたけど、なるほどそう来たか、エスター
クビと手首のリボンの理由、大人っぽい言葉遣いや態度。
散りばめられた伏線も全て回収。
悪魔で片付けなかったところがポイントですな。

悪魔より怖いエスターでした。



ハラハラドキドキイライラ。
とことん追いつめられるケイトにかなり同情。
エスターを見て「デスパレートな妻たち」のケイラを思い出したよ。
そう考えればケイトはリネットにちょっと似てる。

tag : 映画 エスター

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム