本日の映画:瞳の奥の秘密(2011/10/3)

瞳の奥の秘密」('09・スペイン=アルゼンチン)。


25年前に起きた、人生を変えた事件。
当時、裁判所で働いていたベンハミンは、
その事件の事を小説に書こうと決めた。

執筆に助言をしてもらおうと、
彼はかつての同僚、イレーネを訪ねる。
小説の中にも登場する彼女は、
ベンハミンが唯一愛した女性でもあった。

事件当時に思いを馳せるふたり。
しかし、その事件はまだ終わっていなかった・・・


★★★

ストーリーの中心はベンハミンの25年。
悲惨な殺人事件と叶わなかった愛。
そしてもうひとつは妻を殺された夫の25年。
それは誰にもわからない彼の悲痛な思い。

殺人を犯した犯人は、自由こそ奪われるけど、
ご飯も食べられるし雨風を凌げる場所で寝られる。
もし死刑となっても、薬で眠るように死ぬだけ。
そんなのは許されない。
無残にも殺された女の夫は、この25年間を復讐に費やしていた。

わからないようでわかるような。



どこまで痛めつければ許せるんだろう。
復讐は、すればするほど虚しくなりそうだな。

tag : 映画 瞳の奥の秘密

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム