本日の映画:ボスタ!踊る幸せの赤いバス(2011/6/30)

「ボスタ!踊る幸せの赤いバス」('05・レバノン)。


亡命先のパリから15年ぶりに故郷レバノンに
戻ってきたカマール。

彼はかつての仲間たちと共に、
伝統の踊り”ダブケ”にテクノの要素を加えた
新しい形の”ダブケ”を提案。
”アンジャル・ダブケ・フェスティバル”の
オーディションを受けることにする。
しかし審査員に「伝統を無視している」と酷評されてしまう。

彼らは自分たちの踊りを認めてもらうため、
オンボロ車を改装し、巡業の旅へ出発する。


★★★

何て楽しいレバノン映画
歌って踊って、やっぱり中東の音楽はアドレナリン上昇。
しかも今回はテクノもミックスされて急上昇。

色もカラフル。バスにも使われてたけど、赤が印象的。

巡業中には、父と息子の絆、男と女うんぬん、仲間割れ、
そしてカマールの悲しい過去が語られます。
お国情勢なんかもちらちら出てくるけど、
基本的にはハッピー!ハッピー!な作品です。



もっともっと、こういう映画を輸入して欲しい!

tag : 映画 ボスタ!踊る幸福の赤いバス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム