本日の映画:ハングオーバー!(2011/5/20)

ハングオーバー!」('09・アメリカ)。


バチュラーパーティーのためベンツに乗ってラスベガスに向かう、
花婿のダグ、彼の親友、教師のフィルと歯科医のスチュ、
そして、花嫁の弟アランの4人組。

独身最後の夜を祝うため、最高級のヴィラ・スウィートに宿泊。
今日は飲むぞー!!と4人で乾杯した翌朝・・・

目覚めた彼らが目にしたのは、めちゃくちゃになった部屋。
しかも、バスルームにはなぜかトラが。
スチュの前歯が1本なくなっている。
なんでか知らないけど、クローゼットの中には赤ん坊までも!

そして花婿ダグがいないことに気付いた彼ら。
よく考えると昨晩の記憶が全く無い。

3人は残されたヒントを頼りに、
ダグを見つけるためラスベガスの街へ!!


★★★

お下品な下ネタ満載のコメディです。
でも、下品なだけじゃないのがこの作品の評価すべきところ。

全く記憶のない彼らの、
次から次へ発覚する前夜の行動が明らかになっていくのだけど、
ありえなさ満載ですごく楽しく見られます。

アランが内緒で、記憶が飛ぶドラッグを
みんなに飲ませたのが災いの元。

街中でパトカーを盗んだり。
大暴れしたフィルは脳震盪で病院行きになったり。
スチュは子持ちのストリッパーと結婚したり。
マイク・タイソンの家からトラを盗んだり。
ベンツのトランクには全裸の謎のアジア人がいて、
8万ドル返せと脅されたり。

最後、カメラに残っていた写真で何が起こったか、
を見せてくれるので、スッキリします。
ちゃっかり、カジノで勝ったお金も手に入れたしね。

パート2もあるらしいので、これまた楽しみ。



変態アジア人役のケン・チョン。
この人前にも見たことあるけど、変態すぎ。
でも、実は結構あたまが良いらしく、
俳優やる前はお医者さんだったらしい。

アラン役のザック・ガリフィアナキスが、
”ジャック・ブラック必勝法”という本を読んでいるのが面白い。
と思ったのは私だけ?
確かにキャラがジャック・ブラックとかぶる。

フィル役ブラッドリー”ウィル”クーパーはやっぱりかっこいいけど、
最初は垢抜けなかったスチュ役のエド・ヘルムズが、
だんだんイイ男に見えてくるのもポイント。

ダグ役の人がDVDのパッケージにも出てないのがかわいそう・・・
赤ちゃんは出てるのに。

tag : 映画 ハングオーバー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム