FC2ブログ

本日の映画:ゲート・トゥ・ヘヴン/トラベラー/めぐりあう日

「ゲート・トゥ・ヘヴン」('03・ドイツ)

空港から出られない人、
の作品っていくつか観たことがあります。
ビザ持たないから入国できない、
だから空港に足止めされちゃう。
24時間営業の大きい空港なら、
その辺のベンチで寝てても気づかれない?
普通の旅行者だって寝てる人いるもんね。
お金あれば食べ物買えるし、
シャワーもトイレもテレビもネットもある。
そう考えると、住めそうだな、空港。
だけど今回の主人公たちは、空港から出たい。
一応あるんですね、収容所が。
でも収容所にいたところで入国は望めないね。
きっと強制送還になっちゃう。
なのでそこも脱出して、
空港内で働いている、というから驚き。
それを見てみぬふりしてるの?行政は?
そんな状況で出会ったロシア男子とインド女子。
多くは望んでいないの。
働いて稼いで家があって愛する人と暮らしたいの。
みんな色んな事情がある。
ってこれは、現実で本当にあることなんだよね?




「トラベラー」('74・イラン)

どの時代も、どの国でも、
子供って勉強しないのね。
そして悪知恵もよく働くわー。
そんな息子に強く言えない母親。
学校の先生にお願いしちゃう始末。
イランの田舎町に住む少年はサッカー大好き。
だからテヘランで開催される試合を
どうしても見に行きたい。
でも家は貧乏、言ったってお金はない。
多分理解もしてもらえない。
だから自分で稼いで自分で行く!
ことにします。
あれこれ売りに行ったり、
撮ってない写真にお金払わせたり、
まあ、親のお金も盗むよね。
しかも子分も巻き込んで。
後のことは考えない。
”今”だけを考えて行動してる。
動物的だな。
そしてようやく手に入れたチケット。
でも罪悪感があったのか、お昼寝中の悪夢。
騙された人の呪いか。まさか?

4562474199384_1L.jpg


「めぐりあう日」('15・フランス)

お。
シャーロット・ランプリング主演か。
と思ってたら、ただ似てる人でした。
夫を残し、息子と生まれ故郷に引っ越してきた女。
理学療法士、とのことだけど、
こういう資格を持ってたらどこでも働けるね。
なぜ、夫を残して?
それは生みの母親を探すためなのです。
見つかったら戻る。そういう約束かな。
でもそこまでして今生みの母親を探す理由は?
夫も養父母も快く送り出してくれたみたいだけど、
子供連れてきちゃうのはどうかな。
転校しなきゃならないし、しかもなじめてないし。
まあ思い立ったが吉日、だからね。
彼女にしたら、今、なんでしょう。
そんな彼女、母親は、
”めっちゃ美人で、素敵な人”
”お金持ちだったりして”
とお考えだったよう。
でも見つけた母親は、真逆でイラっとしたり。
尿もれだもんねー。
想像と違ってショックか。
あなたの強引さとわがままに、
私がちょっとイラっとしたけどね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム