FC2ブログ

本日の映画:TOKYO!

「TOKYO!」('08・フランス=日本=韓国)

レオス・カラックス監督の
「ホーリー・モーターズ」で見た”メルド”が見たかったし、
ミッシェル・ゴンドリー監督、ポン・ジュノ監督が東京を舞台に作った、
と言うのも面白そうだし、
日本人を起用している、というのも興味深かったのです。

でもこの3人だから”普通”ではないのはわかっている。
よくある”ザ・日本”な描写がなくて安心。
それぞれの東京のイメージ、摩訶不思議な3つの物語。

①インテリア・デザイン→ミッシェル・ゴンドリー

大きな会社に勤めるほど部屋は狭くなる。
ヘンテコな(アート系ともいう)映画を撮る恋人、アキラと、
東京にやってきたヒロコ。
住む部屋を見つけるまで狭い友人宅に居候。
肩身は狭い。
でもなかなか決まらない新居。
窓を開けると猫の死骸がいたりする。
でも”オススメ物件”らしい。
仕事も必要。
アキラは雇ってもらえたけど、ヒロコはダメで。
「志が低い」だの言われたり、
アキラを影で支えているのに誰も気づかないし、
友人との関係も雲行きが怪しくなってきた。
んもー!私って何?と悩んでいるヒロコ。
そんな彼女、ある日突然、胸に穴が開いてしまい…

②メルド→レオス・カラックス

下水道に住むメルドが東京に上陸!
ヘンな見た目、ヘンな行動、聞いたことのない言葉。
花を食べる彼は、下水道から街に出て人々をパニックに陥れます。
人のタバコ盗んだり、財布のお金食べちゃったりしていたメルド。
地下で見つけた大量の手榴弾を持ち出し、
街で次々と爆発させ、殺戮を繰り返していくのです。
捕まったメルドは、日本で裁判に。
フランスから来た彼と同じ言葉を話す弁護士が通訳しながらの裁判。
判決は死刑。
絞首刑が執行されるのだけど…

③シェイキング東京→ポン・ジュノ

引きこもり歴10年の男。
家の中の消耗品や必要な物はキレイに整理整頓してある。
お金は父が送ってくる。
お金さえあれば家から出なくても生活できる。
ご飯も届けてもらえる。
週一でピザも食べる。(箱は捨てない)
でも配達人とは目は合わせない。
でもある日、目を合わせてしまった。
その時、地震が起こって配達人の女の子が気を失ってしまう…

一番好きだったのは「インテリア・デザイン」。
不安がいっぱいのヒロコ。
でも周りは何だかうまい具合に進んでいる。
不思議くん系のアキラは、
ヒロコの不安を知らずに「がんばればー?」な態度。
「早く出てって」の空気も辛い。
そんな彼女が安住の地を得るのだけど、それが、ね。
ゴンドリー節炸裂でした。
ちなみにヒロコ役は、
「沈黙」シリーズのスティーヴン・セガールの娘だって〜

そして待ってました、メルド!
「ホーリーモーターズ」では物語の中の一部だったけど、
今回はメルドの細部まで色々と。
気持ち悪さ爆発、手榴弾も爆発でした。
でも大騒ぎしている場面より、裁判の方が長くてちょっとダル。
次は、INニューヨークらしいです。

ジュノ監督から見た日本ってこんな感じ?
「クリミナル・マインド 国際捜査班」でもエピがあったけど、
”引きこもり”って日本人に多いのかな。
他の国でもあるけど名前付いてないとか。
引きこもりの人が久々に外に出たら、みんな引きこもってた!
という、なさそうでありそうな話。
一応地震だ!って外に出るけど、
あ、大丈夫だった、さあまた引きこもろ…って、皮肉すぎる。



私があまり邦画を見ないのは、
字幕に慣れすぎて日本語のセリフが聞こえないことと、
自分と顔が同じだからリアルすぎる、ってことなのでは、
と思ってます。

あ、「サバイバル・ファミリー」は面白かった!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム