本日の映画:コールガール

「コールガール」('10・オーストリア)

そうだろうな、と思って見たけど、
そこまでの教訓作品ではありませんでした。

物語の舞台はウィーン。
女優を目指すリアと、大学で美術を専攻しているハンナ。
ふたりはカップル?と思ったけど、親友同士のよう。
一緒に住んでいて、生活費やらでカツカツなので、
コインの「表か裏」でコールガールになることに決めます。

「楽しくなかったらやめる」
「どっちかが嫌になったらやめる」
とルールを設定。
気軽な感じのスタートでした。

先にぽっちゃりめで内気なハンナに仕事がきます。
マニュアル通りに進め、とりあえず仕事は終了。
一方、社交的で来るなら来い!タイプのリアは、
来た仕事を強気で攻めていきます。
時には一緒に仕事をするときも。
稼ぎはCHANELの靴箱に。
順調に、は最初だけ、だってそれじゃ映画にならないもん。

しばらくこのふたりは”カップル”と思ってみてたので、
お互い気になる男性をみつけて、となった時、ちょっと混乱。
あれー違うんだー。あのチュウは友情のチュウなのね。
でもリアがハンナに嫉妬してる感じもしたから、
まぁ、そういうことなのかもしれない。

CHANEL貯金も順調で、仕事にも慣れてきたふたり。
そう、慣れた頃が危険なの。
本業や私生活がうまく行かなくなっていって、
「ああ、潮時だね…」
と見てる方も思う。

性格の違うふたりは、落ち込み方も立ち直り方も違う。
強気のリアが実は弱くて、
物静かなハンナの方が強かった、という最後。
そんなハンナに乾杯。

コールガールtagundnacht


「ゴムもつけないのか」のひと言はひどいね。
でもそういうひと言が女を強くする。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム