FC2ブログ

本日の映画:愛して飲んで歌って

「愛して飲んで歌って」('14・フランス)

2014年に亡くなったアラン・レネ監督の遺作です。
新しい監督は次々出てきてまた次、があるけど、
こういう巨匠と呼ばれる方が亡くなると、
「ああ、もう新作は見られないんだな〜」
と切なくなりますね。

最後の作品「愛して飲んで歌って」は、
衝撃を受けた「夜と霧」とは全く違ったポップなコメディでした。

舞台となる場所が舞台。
おもしろい。
たまーにちらっと外が映るけど、
登場人物はみんなずっとスタジオの中(多分)。
しかも設定はイギリスのヨークシャー州なのに、みんなフランス語。
家の外には幕がかけられていて、
会話をする時の背景は白黒のグラフィックになったりする。
遊び心満載の91歳、最後の作品。

友人ジョルジュが末期ガンで余命いくばくもない、
と知った医師のコリン。
内緒だよ、と妻カトリーヌに告白するけど、
すぐに共通の友人、ジャックとタマラに言っちゃうのはお約束。
みんなで稽古中の芝居にジョルジュを参加させて元気づけよう!
となるのだけど…

相手役のタマラはジョルジュに恋をし、
元カノだったカトリーヌも彼が気になって仕方がない。
しかも元妻のモニカも話を聞きつけやってきて。
「私が面倒をみるから!」
「私が全部やるから!」
と私が私が攻撃が始まり、もう大騒ぎ。
それぞれの夫たちも、そんな彼女たちに「まさか…」と心配になる。
どんなけよ、ジョルジュ。そんなにいい男なの?
って思うでしょ。
でも最後の最後までジョルジュは私たちの前には出てこないのです。

若者たちのドタバタでなく、
マダム&ムッシューなのもポイント。
どんなに歳をとっても恋をするのって可愛い!
「別に私はそうじゃないけど、ほら、ジョルジュがさぁ…」
と、みんなジョルジュには私が必要、と勘違いしてるのも笑う。

さて、そんなモテ男ジョルジュですが、
死ぬ間際は誰と過ごしていたのか…
どうなったかというと…最後の最後にやられた!



91歳、アラン・レネ監督には最後まで驚かされました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム