本日の映画:籠の中の乙女

「籠の中の乙女」('09・ギリシャ)

籠の中にいたのは乙女だけではなく…

郊外に建つ1軒のおうち。
敷地はぐるりと高い塀で囲まれている。
この家で外に出ることができるのは、運転できる父のみ。
母と息子、娘①と娘②は家から出られない。
両親は外の世界を知っている。
子どもたちは一度も外に出たことはない。
外の世界は危険、と教えられているのです。

外からの情報もシャットアウト。
でも本は読んだりするから、
「この言葉ってどういう意味?」
となる。
そんなときは母が意味を教え、例文を作る。
でも「高速道路」は”強い風”と教えたり。
だって本当の意味は危険すぎて教えられないから。

まぁ、お決まりの”本当のところはよくわからない”作品です。
見る方は一生懸命想像して、そういうことかなーと自分で納得しなきゃならない。
なぜそこまで嘘をつくの?
そこが大きな謎。
確かに危険はいっぱいあるけどさ。
ひとつひとつ検証したいけど、
たくさんありすぎるし自分でも消化しきれてないから省きます笑

子供が怪我しないように、傷つかないように、失敗しないように。
と育てる親が多いと聞きます。
でも怪我して体の痛みを知り、傷ついて心の痛みを知り、
失敗して学ぶ、というのは大切なことと思う。
彼らは親に言われたとおりに生きてきているけど、
成長してくるとやっぱり好奇心はわくし、
疑問もたくさん生まれてくる。
小さい時のように誤魔化しはきかなくなるよね。
善悪の区別も曖昧になる、それでも親たちはこの生活を守る?



効果音もなく静かに進む物語だけど、
急に「ぎゃーっ!!」となるシーンがあって心臓に悪い。
大丈夫なのに犬歯が痛む…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム