本日の映画:二重性活 女子大生秘密のレポート

「二重性活 女子大生秘密のレポート」('16・ドイツ)

よくある教訓作品と思ってました。
だってこのタイトルだよ?
まぁ、確かに教訓なんだけど、
今回は珍しく「んもぉ!」と言わないで、応援しちゃった!
ちなみに原作者の自伝的物語だそうよ。

大学で数学を学ぶためベルリンにやってきたゾニア。
ひとりでアパート暮らし。
大学で勉強して、友だちと夜遊びして。
そして体の関係を持った男の歯ブラシを収集。
(ちゃんと名前書いておく)
クラブのバーテンダー、ミランとはいい感じになったけど、
妻子がいるし、んー、パス。
でもミランは本気っぽい。んー、無理。
そんな感じにキャンパスライフを楽しんでいました。

ある日、ポーランド人のホームレス、ラディアと出会った彼女は、
詩的な彼の言葉に惹かれ、家にお持ち帰り。
彼との生活、すごく楽しくて毎晩のように夜遊び。
でも学業が疎かになって、バイトはクビ。
しかも無職のラディアは空き瓶集めて小銭を稼ぐ程度。
それなのに多額の借金があって(ドラッグ代)、さあ大変。
そんなゾニアの元には遊びすぎの代償、請求書の山が。

手っ取り早く大金を稼ぐには…
ということで風俗の世界へ軽い気持ちで入るゾニア。
マーシャという名前で、ネットのお客を相手。
でもラディアや親友には内緒。

若さと美貌で大人気のマーシャは大金を稼ぐように。
でも大学もあるし、今度はラディアとすれ違いの日々。
心のすき間を埋めるように、更に過激な仕事にも手を出し、
エスカレートしていくゾニアは制御不能になっていくのです。

ゾニア、仕事はお金のため、愛する男のため、
と割り切っているのか、そんなイヤイヤ感は見受けられず。
逆にちょっと楽しんでいるみたい。
客たちの無理難題にも、え?ってなるけど、
じゃあとりあえずやってみるね、こう?これでいいの?って感じ。
というか、ほんとにこんな性癖の人いるの?のオンパレード笑

ラディアに振り回され、ミランともなかなか縁が切れず、
親友も去って、気がつけば”娼婦”になってしまった自分。
そうだよ、早めに気づいてよかったよ。
頑張れ、ゾニア!
痛い目に合わないと痛みはわからないからね。
人生勉強よ。



教訓。
でも同じ間違いはおかさないこと。(これ基本)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム