本日の映画:パラダイス:神

「パラダイス:神」('12・オーストリア)

ウルリヒ・ザイドル監督の「パラダイス」3部作。
今回は「神」です。

病院でレントゲン技師として働くアンナ・マリア。
ちなみに「愛」で彼女に娘と猫を預けたテレサは彼女の姉。
夏の休暇はどこかにおでかけ〜ではなく、
心から愛するキリストのために布教活動をする予定。

自らの罪を清めるため、ムチを打ち、賛美歌で心にやすらぎを与える。
そしてマリア像と共に一軒一軒、家を訪ね歩き、
家に仲間を呼んで祈りを捧げる。
アンナ・マリア、敬虔なカトリックです。

そんな彼女にしてみればパラダイスな休暇を過ごしていたのだけど、
その平穏な日々は夫の帰宅により崩れていきます。
2年ぶりに戻ってきた夫、ナビルは、事故により車椅子生活。
あーすれこーすれとかなり口うるさい。
エジプト人の彼はイスラム教徒。
パラダイスな日々がパラダイスでなくなる予感が…

アンナ・マリアがここまでになったのは、
夫が事故にあってから。
それに関しては彼に感謝しているけど、
今は…ただ邪魔だけな存在。
ひとりではほとんど何もできず、文句ばかり。
しかも自分と神を侮辱する。
ほんと今はそれどころじゃないのに。
今は”神”が生活の中心で、
異教徒の夫はぶっちゃけどうでもいいのです。
とりあえず聖水スプレーする笑

でも宗教の教えにあるような博愛精神は?
無償の愛は?
慈悲は?
…残念ながら全くありません。
布教中も結構ずうずうしいアンナ・マリア。
自分が正しい、と思い込み過ぎて押し付けちゃう。
正しいことやってるふりして実は違う。
性に対してすごく嫌悪感を抱いているのに、
自分は十字架と…
言ってることとやってることが相反する。

そして何も解決せず終わる物語。
アンナ・マリアの苦労は続きそう。



ナビルもね…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム