FC2ブログ

本日の映画:LION/ライオン〜25年目のただいま〜

「LION/ライオン〜25年目のただいま〜」('16・オーストラリア)

予告見て気になってました。
「25年前に迷子になって、グーグルアースで家を探す」
なんて夢のある話でしょう。
と思ってたら、なんとこれ、実話。
しかも家を探すのがメインストーリーかと思ったら、
いい意味で騙された!

1986年、田舎の田舎のインド。
石運びで稼ぐ母、兄と妹と貧しいけど幸せに暮らしていた5歳のサルー。
出ていった父は他に家族ができたらしい。
そんな家庭の事情をわかっているサルーは、
「ぼくも手伝う!」と母や兄を手伝う。

ある日「妹を見ていて」と母に言われたけど、
どうしても働きに行く兄に付いていきたい!とだだをこねたサルー。
兄も折れ、ふたりで駅へ。
でも眠い眠い5歳児。
困った兄は「ここで待ってて」と言い、
サルーをベンチに残して仕事へ。
でも戻ったとき、サルーの姿はありませんでした。

目を覚ましたサルーはびっくり。
なんと寝ぼけながら乗った列車が動いているのです。
回送列車なので誰もいない、止まらない、叫んでも聞こえない。
そしてついた先は1600キロも離れた大都市、カルカッタ。
同じインドなのに言葉も通じず、
誰も「どうしたの?」なんて気にかけてくれない。
駅にいるストリートチルドレンたちと過ごすことにしたけど、
怪しい大人たちに追いかけられる。
やさしい女の人が助けてくれたけど、
危険察知能力が働いて逃げるサルー。

帰る家もないのに逃げるしかない毎日。
ある日、本当にやさしい男の人が助けてくれて孤児院へ。
でもここにも悪い人がいる。
でもやさしい人もいる。
もう彼の親は見つけられない、と判断され、
サルーはオーストラリアの夫婦の養子になることに。

写真を撮っている子がほとんどいない、のが探せない理由だそう。
サルーの母親もまさか息子がカルカッタにいるなんて思わないだろうし。
5歳児、住んでいた町の名前もあやふや、
母の名前も「おかあちゃん」だし、
カルカッタの新聞に載せたところで、見つかる訳ないよな。

そして20年後。
ホテルビジネスを学ぶためメルボルンへやってきたサルーは、
立派な大人になっていました。
そこでインドの留学生出会い、自分のルーツを知りたい、
という気持ちが大きくなり始めます。
パーティーで見た揚げ菓子がその気持を確信付けたのでした。

育ての親に遠慮し、なかなか「探したい」と言えず。
でもどうしようもない心の穴を埋めるため、仕事も辞めちゃって、
恋人ルーシーまで拒否して、家族まで遠ざけて、のめり込んで行く。
そしてもう諦めたとき、見つかった故郷。
映画ではよくわからなかったけど、実際5年かかったんだそう。
あ、サブタイトルに25年目のただいま、ってあったか。

グーグルアースとかGPSとかネット検索とかすごいなー、
と思うけど、やっぱり最後は人間だよね。
自分の中に残っている記憶の断片があったからこそ見つけられたもの。
最近は脅威に感じられるネット社会だけど、
こういうことに使えるのは便利だし、
それで人生潤うならいいことか。

最後にライオンの意味を知って感動する!
みたいな事言われてたけど、
私は兄とのエピの方が胸に刺さった。
彼の事を思うと今でも泣けてくる。
何となく知っていたけど、ほんとにこうなの?
と目を疑いたくなるインドの実情も。
サルーの弟として養子に来たマントッシュが、
虐待に次ぐ虐待を受けていたということも。
きれいな服を着て温かいご飯を食べている横で、
人が死んでいるということも。



確かになんでサルー役が助演男優賞?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム