本日の映画:アドバンスト・スタイル

「アドバンスト・スタイル そのファッションが、人生」('14・アメリカ)

ブログで見てます、アドバンスト・スタイル。
パワフルでスタイリッシュなおばちゃん、というかおばあちゃんたち。
監督のアリ・セス・コーエンがそんな素敵な女性たちを街角で
”ナンパ”し、写真を撮り、ブログを始めたのが2008年だそう。
それが2012年に本になり、14年には映画化。
おしゃれな祖母から、
「ニューヨークにはすべてがある」
と言われ、サンディエゴからマンハッタンへやってきた若者は、
そこで、ものすごーいマダムたちと出会います。
映画では特に彼の”お気に入り”となった7人のマダムたちが、
私生活やファッションに対する想いなどを語るのだけど、
これがほんとにすごい。
頭が下がる思いです。

最高年齢95歳のゼルダは、大の布好き。
世界中で布探しをし、服に仕立てたり。
自らデザインすることもあるそう。
映画制作中に他界。
すごいのはファッションショーのフロントロウで突然亡くなったこと。
最後までかっこいい。

93歳のイロナは、アートスクールで今でも絵を教えている画家。
こだわりのあるつけまつ毛がチャームポイント。
でもそのつけまつ毛を作っていた職人が亡くなり、困りに困った彼女。
「そうだ、自分の毛で自分で作ってしまえ!」
と今は自作しているそう。

2012年のランバンのモデルに選ばれたジャッキーは81歳。
でも気持ちは18歳のまま。
アポロシアターのステージに立っていた彼女。
今はほとんど目が見えないけど、
ハイファッションほの情熱はまだまだ健在。

80歳のジョイスは、雑誌「コスモポリタン」を手がけたりしていた。
エレガントな彼女は、若さより魅力が大事、と言う。
今では”ヴィンテージ”と呼ばれるシャネルのバッグは、
新品を自分で”ヴィンテージ”に。

リンは79歳のブティックオーナー。
店は40年以上も続いていて、今でも大人気。
全米、いやいや全世界からお客さんがくるらしい。
そこに行けば、流行に流されていない素敵なファッションに出会えそう。
あー行ってみたい!

アクセサリーでも何でも手作りしちゃう、67歳のデブラ。
出先でトイレットペーパーの芯を手に入れてニンマリ。
これを布やビーズで飾って、ブレスレットにしちゃう。

「ファッションはアート」だと言う62歳のジポラは、
コーディネイトに7年かかったこともあるそう。
一枚の絵を完成させるには、忍耐も必要なのね。

本もブログもすごいなーと思ったけど、
この動くマダムたちには本当にやられた。
今は亡きビリー・カニンガムも素敵なマダムたちを撮っていたけど、
若い人も撮っていたからね。
マダム専門にしたからまた良かったのかも。
偉いよ、アリ。
今で35歳くらいだから、始めた時は25歳くらい?
若い彼にマダムたちも喜んだことでしょう笑

体の不調はもちろんある。
でもやりたい事だからやる。
背筋は伸びて、笑顔。
「見て見て!」とその個性を披露する。
人が何と思おうが関係ない。
マンハッタンは最高のランウェイね。



ちなみにちょこっとだけど、アイリス・アプフェルも出てます。
パワフルなおばあちゃんたちに、かんぱーい。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム