FC2ブログ

本日の映画:小間使の日記

「小間使の日記」('63・フランス=イタリア)

パリから郊外の邸宅にやってきた小間使いのセレスチーヌ。
主人は雇った小間使いを次々と妊娠させてしまう男。
彼の妻は口うるさく、潔癖症。
隠居中の彼女の父は女性物の靴フェチ。
下男のジョセフは下品極まりない男。
メイドと関係を持っている隣人は、
そんな彼らが気に食わないらしい。

そんなクセの強い人々に囲まれながらの生活。
さぞかし息がつまるでしょうね、セレスチーヌ。
と思ってたけど、彼女、うまい具合に対処し、
そんなにイライラもしてないみたい。

主人の色目も軽くあしらい、
妻にあれこれ言われるけど、
「わかりました、マダム」とだけ。
高価なランプを割っても、
「あ、われた」と冷静。
極めつけは妻の父。
セレスチーヌの足のサイズを確認すると、
戸棚から合う靴を取り出す。
それを彼女に履かせ、
毎日同じ時間に部屋に来て、本を読んで欲しい、と言う。
それでも「わかりました、ムッシュー」とだけ。
これも仕事のうち、ということ?

そんな訳で仕事にも変人たちにも慣れてきた頃。
セレスチーヌにも関わるある事件が。
妻の父が突然亡くなり、知り合いの少女が行方不明に。
彼女の中の”終わりのベル”が鳴り、
仕事を辞め、パリへ帰ることに。

しかし駅で耳にしたのは、
「見つかった少女は暴行され殺された」
という衝撃的な話。
そして彼女は考えるのです。
犯人はあのジョセフでは、と…

あれば見たいルイス・ブニュエル監督ですが、
あまりにも難解過ぎて理解できないわ…
と思うことも多々あります。
でも今回の作品は、
”変な人”もそこまで変ではなく、
ストーリーも他のと比べるとわかりやすい。

”単調"な日々を送っていたセレスチーヌ。
でも事件を追うことで全く違った”単調でない”生活に。
そこまでやるかーな彼女の行動。
今までなかった快感が彼女を満たす。
でもそれも終わりを告げ、またあの”単調”な日々に。
そのうちまた新しい”単調でない”日々を見つけられるかな?
それともわざと自分で作ったりしちゃう?



冷静なジャンヌ・モローはハンサムでかっこいい!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム