FC2ブログ

本日の映画:パラダイス:愛

「パラダイス:愛」('12・オーストリア=ドイツ=フランス)

ウルリヒ・ザイドル監督の「パラダイス」シリーズ。
3部作の1作目のテーマは「愛」です。

さら〜っと予告を見た限り、ほんわかまったり系かと思いきや、
ちょっと、と言うかかなり衝撃!な内容。
それなりにほんわかまったりではあったけど。

福祉施設の職員、テレサは、50歳のシングルマザー。
ティーンエイジャーの娘、メラニーは、
まったく言うことを聞かない難しい年頃。
その娘を姉に預け、長期休暇を取り、やってきたのはケニアのリゾート。
輝く太陽と青い海。
仕事も家事もないし、娘にガミガミ言わなくていいバケーション。

同じくリゾートに滞在している女性たちとは、
施設のレクリエーションでまったり遊んだり、お酒を飲んだりの仲。
そのうちのひとり、インゲによると、
彼女は”ココナッツのにおい”のする若いケニアボーイに夢中で、
夜のお相手はもちろん、恋人のように接してくれるとのこと。
バイク買ってあげたのーなんて言うけど、
相手もお相手する代わりにお金や物をもらってる。
需要と供給がうまくいってる、って感じですかね。
…でもこれって買春じゃん!

インゲはもちろん、
テレサにもお気に入りのボーイを見つけることを勧めるけど、
真面目な彼女は「まず愛がなくちゃ」と簡単には相手に心をゆるさない。
でもボーイたちは”金づるママ”を振り向かせようと必死にアピール。
テレサ、困惑。
でも心の中では”理想のボーイ”を見つけたいとおもってたり…

そして一度は見つけたかに見えた”愛”はやっぱり幻想で。
「愛してるよー」は「金くれよー」と同じ意味。
結婚詐欺みたいな感じですね。
でも「妹の子供が病院にいて…」なんて泣きつかれると、
お金出しちゃう”金づるママ”たち。
特にテレサは相手に本気だったら、見ていて切ない切ない…
さすがに2回目は気づいてほっとしたけど、
あんなにしつこく強引にお金をせびってくる人を見て、
恐怖を感じました。
テレサと自分を重ねたわ。

そんな傷心テレサの誕生日当日。
娘からの連絡はなし。
ますます落ち込む。
でもインゲたちがパーティーを開いてくれて、
その心も少し穏やかに。
誕生日プレゼントは、若いさらに若いケニアボーイ。
ぼかしが黒なのに苦笑い。
そのぼかしがチラチラチラチラなこってりタイム。
でもテレサたち、頑張っても彼は欲望する気配なし…撃沈。
真面目なテレサは相手を”支配する”快感を知り始め、
さらに若いますます若いバーテンダーのケニアボーイを部屋に招くのだけど…

あっさり「無理です」って言われ、また撃沈。
テレサ、そろそろ帰ろうか。



色んな意味で笑っていいのかどうなのか悩む。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム