FC2ブログ

本日の映画:欲しがる女

「欲しがる女」('16・フランス)

もちろん個々の人柄、というのはあるから、
○○出身だからこういう人、と決めつけるのはあまりにも安易な考え。
でも「お国柄」という言葉もあるし、
○○の人は○○だよねーってのはある。
日本人は礼儀正しいよねーとか。
正しくない人もいるけど、一般的に正しいということになっている。

何が言いたいのかというと、
「こういう人って日本だけに生息するんじゃないんだなー」
ということなんです。
フランス女は、かっこよく自分の愛を貫いて〜、
というイメージがあったけど、
こういう”ヤバイ&イタイ”女、日本以外にも生息しているようです。

初めからしかめっ面、イライラ気味のアラフォー女子、コンスタンス。
仕事がうまく行かず解雇された彼女は、
お金のために家財道具売り払った?と思われる、
空っぽになったアパルトマンに寝泊まりしてる。
でもこの家、売りに出されていて、もちろん出てけと言われちゃう。
母の介護が必要になり、一文無し家無しの彼女は、
パリから故郷の田舎町に戻ることになりました。

生活保護なんかを受けてたけど、とりあえず仕事が必要、
ってことで、向かったのは昔の職場。
元同僚は嫌な顔。
よく聞くと「私、こんな所で終わる女じゃないから」と、
良くない形で退職した過去があるらしい。

当時付き合ってて「パリ行くから」と別れた彼も今は1児のパパ。
「私のこと、まだ好きだよね?」な感じで近づき、
また残念なことに彼、まだ気になってたらしく、
仕事のことで上司に掛け合ってくれるとのこと。
「あたりまえよね、だって私だよ?」なコンスタンス。
しかも列車で出会った男とちゃっかり関係を持ち、
「いい男ゲット!さすが私〜」
「私、デキる女だったんだけど、パリの職場でセクハラに遭ってね…」
と弱い女も演じてみたり。

欲しがる女、コンスタンスは、
何とかして自分の思うような生活を手に入れようと方方でアピール。
でもそんな彼女の前に現れたのが、20歳のライバル、オドレイ。
上司はオドレイを雇うことにした、と聞いたコンスタンスは、
ヤバイ女からかなりヤバイ女に…
そして本当に危険な女になっていきます。
以下、本編でどうぞ笑

ここまでくると精神状態が心配されます。
私もどうにかしようと必死になることはあるけど、
コンスタンスには勝てない(と思う)。
悦に入る彼女の姿は、ほんと背筋凍る。

こういう人って刑務所とかに入っても、
「自分悪くないの」
って言いそう。
今まで誰も助言してくれなかった?
必要以上の自己愛からくるとんでもない言動。
あ、人に言われても気づかないか。



人のふり見て我がふり直します。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム