本日の映画:ファブリックの女王

「ファブリックの女王」('15・フィンランド)

北欧ブランド、と言えば「マメリッコ!」というほどお馴染みのブランド。
日本でも人気あるよね。
乙女心をくすぐるテキスタイル。
私は好んでは手に取らないけど、くすぐられます。
そんなハッピーなイメージのマメリッコですが、
こんなちょっと”黒い”歴史があったとは驚きです。

舞台で、マメリッコの創業者、アルミ・ラティアの人生を演じることになった女優。
アルミはどういう人間だった?
その心の中は?
悩みながらも彼女は役作りをしていきます。

戦後のフィンランド。
戦争ですべてを失ったアルミは、夫、ヴィリヨが買収した
プリントファブリックの会社で働くことに。
もともと、テキスタイルの仕事をしていた彼女は、
業務用ではなく普通の女性たちが喜ぶようなデザインの布を作ることを思いつきます。
でも布があるだけではその魅力がなかなか伝わらない。
ということで、全財産を賭け、
オリジナルデザインの布を使い洋服を作ることに。
そしてファッションショーを開催。
普通の女性たちが今まで着ていた堅苦しい服とは真逆の、
軽やかな「マリメッコ」の服は、大流行するのでした。

デザイナーがデザインしたテキスタイルは次々と流行を作り、
会社的にも大成功。
アメリカにも進出し、世界的にも成功を収めた「マメリッコ」。
でもそんな成功とは裏腹に、会社に身を捧げたアルミは浪費し、
やりたい放題。
一番の夢、理想郷「マメリッコ村」が計画倒れに終わり、
ますますムーディなアルミ。
そして、家族や社員も呆れ、味方もいなくなった彼女は、
酒に溺れ始めてしまいます。

これだけ成功を収めて、情熱を捧げても、
すべてがうまくいかないのは世の常。
仕事の才能はあっても、人間関係が…
というのはよく聞く話ね。
でも天才はこれくらい破天荒じゃなくちゃね。



成功する場面が一瞬すぎて「へ?」って感じ。
もう少しこってり見たかったな!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム