本日の映画:シャンドライの恋

「シャンドライの恋」('98・イタリア)

政治活動をした疑いで夫が逮捕されてしまったシャンドライは、
アフリカからイタリア、ローマへとやってきました。
医学生となった彼女は生活費を稼ぐため、
イギリス人の音楽家、キンスキーのアパートで住み込みで働くことに。

才能あるピアニストなんだけど、子どもたちにピアノを教え、
ひっそりと暮らしているキンスキー。
何か事情がある感じ。
なんだか世俗から離れたいタイプっぽい。
そんな彼、美しいシャンドライに密かに恋心を抱いています。

食事を運んだりするリフト
(シャンドライはクローゼットとして使っている)
に、お花や「?」と書いた五線譜なんかを乗せて、
遠回しに「好き」を伝える彼。
贈られた指輪を返しに来たシャンドライにもう我慢ならなくて、
突然プロポーズしちゃう。
もちろんびっくりのシャンドライ。
君のためならなんでもする、というキンスキーに思わず、
「だったら夫を釈放させて!!」と言ってしまいます。
まさか夫がいたなんて…
と簡単に諦めるキンスキーではありません。

アパートにある調度品がひとつずつなくなっていったのはこの頃から。
そして最後はピアノだけになり。
「掃除するものがなくなったわ」と笑うシャンドライ。
そんな彼女の元に一通の手紙が。
それは、夫が無事で、近いうちに釈放される、という内容でした…

無償の愛だった?
いや、作戦か?
大切なピアノを手放してもシャンドライの幸せを願った?
それとも、そうすれば彼女を手に入れられると思った?

待ち望んでいた夫の帰り…なのに、
だんだんキンスキーに心奪われていく場面がチクチク。
アイ・ラヴ・ユーの気持ちだけで満足?
余韻に酔う。



その後の展開を想像してみる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム