本日の映画:胸騒ぎの恋人

「胸騒ぎの恋人」('10・カナダ)

最近どうしても手に取ってしまう、グザヴィエ・ドラン監督作品。
今回は「マイ・マザー」に続き、ご本人主演。
そしてまたモヤモヤするゲイの若者役です。

ゲイのフランシスとストレートのマリーは親友同士。
ある日、彼らはニコラという男の子と知り合い、
マリーは一目惚れ、そしてフランシスも彼に恋心。
その気持を隠しながらも、完全に隠せてないふたり。
お互いに様子を伺いながら、愛情を隠した友情を深めていきます。

「愛してる」とニコラはふたりに言うけど、
どの愛してる?
ニコラの気持ちははっきりわからない。
ニコラ狙いのふたりはどうにかして彼に好かれようと、
あれこれ奮闘。
オードリー・ヘップバーンが好きだと聞けばポスターを贈り
(しかも偶然を装って)
好きそうな舞台があればチケットを贈る。
(偶然みつけたんだけどー)

「タイプじゃないんだけどねー」なんて言うけど、バレバレの行為。
フランシスもマリーも軽い付き合いの相手はいるけど、
日に日にニコラに対する思いが強くなっていく。
そんなふたりの気持ちに全く気付いてないニコラは、
魅力を振りまき、ますますヤキモキさせる。

でもとうとうニコラをシラケさせてしまう事件が勃発。
彼の前でふたりは殴り合いの大喧嘩。
サーッとふたりの前から消えたニコラ。
届かなかった思いをうまく消化できないフランシスとマリー。

再会。
まだまだ未練タラタラ。
でも、力合わせて乗り切るふたりに、ニヤッ。

あ、わたし、そんなんじゃないから。
と、理解のある大人の女を気取るマリー。
マリー応援するよ!と言うけど、
裏腹な態度をとるフランシス。
なんかふたりのやり取りがくすぐったい。
私もどうやったらみんなの人気者、ニコラを
手に入れらるか考えてみたけど、これがなかなか読めない男。
みんなと楽しみたい年頃。
あれ、ボク、そんなつもりじゃ…

嗚呼、こちょばしい。



バンバーン。
劇中に流れるこの歌、好き。
なんか昔の歌謡曲みたい。

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム