本日の映画:ハッピーエンドの選び方

「ハッピーエンドの選び方」('14・イスラエル)

若い頃はほんと、気にしてなかった老後のこと。
まだまだ先、と思いながらも、歳は確実にとっていってます。
周りからも聞こえてきてる。

先日ホームにいるおばあちゃんに会いに行きました。
新築の広めの部屋には、専用のトイレ、洗面台、テレビがあって、
寝たいときに昼寝して、1日3食手作りのご飯が食べられて、
3時のお茶にはおやつが出る。
食堂には大きな窓があって、他の入居者さんたちは花札したり、
カラオケしたりして過ごしているらしい。
その輪には入らないの、とおばあちゃん。
特にこれといった刺激もない毎日。
でも彼女にはそんな生活が合っているみたいで、
毎回会うたびに元気になっているように見える。

去年亡くなったもうひとりのおばあちゃんもホームに入っていた。
介護の度合いもあるけど、こちらは同じような部屋はあったけど、
廊下が暗くて静か。あんまり大声では話しちゃだめなの、と言っていた。
活動的でお話し好きでスクーターであちこち出かけていた彼女には、
その生活は相当なストレスだったと思う。

その人その人にベストな環境を与えてあげられたら一番いいけど、
100%は難しい。
死ぬまで家にいたい人もいるけど、そうもいかないときもある。
病院はいや、とか、病院が安心とか、
大丈夫、自分が全部引き受けるよー!とはなかなか言えなかったりする。

今回の物語の内容とはちょっと違うけど、
こういう問題は世界共通であるんだな。

イスラエル。
ヨヘスケルとレバーナの夫婦は、お出かけできたり、自分で料理したりできる、
わりと自由なホーム(というかアパート)に住んでいる。
ヨヘスケルの趣味は発明。
神様ダイヤルを設置し、自分を「神様」と名乗って、
「まだ死ぬのははやいよ」とかけてきた人に言ったりする。
そんなおちゃめなおじいちゃん。

ある日、親友から切実なお願いをされたヨヘスケルは、レバーナに相談。
壮絶な延命治療をやめ、何か安らかに死ねる装置を作ってほしい、
というのがお願いの内容。
でもレバーナは猛反対。
その反対を押しきり、彼は”自らスイッチを押して死ねる”装置を完成させます。
ホームの仲間の力を借り、彼の死を見守ったヨヘスケル。
しかし、一度だけの秘密のお願い、のはずが、
依頼が次々と舞い込んでしまって…

犯罪犯してるんだけど、なんかのほほんとしてるのはそう作っているからね。
よく考えると重い、重すぎる話。
苦しみに耐えられず殺してほしい、という気持ちもなんとなくわかる。
自分自身が経験していないので確かなことは言えないけど、
看病していて見るのも辛くて「楽にさせてあげたい」と思うかもしれない。

でも「じゃあ安楽死しますか」と安楽死が合法だったら、
犯罪率が上がりそうね。
変なビジネスとかうまれて、それで儲けちゃう人が現れたりさ。

戸惑っていたヨヘスケルだけど、お人好しの彼はズルズルと続けていきます。
もちろんそれは無償で、と思っていたら、実は仲間がお金とってたり。
そんな中、認知症になったレバーナ。
そして装置を使うことを頼まれたヨヘスケル。
いいの?
それでいいの?

一瞬感動的なラストに見えるけど…
いいの?
それで?
いいの?



ハッピーエンドなの?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム