本日の映画:デザート・フラワー

「デザート・フラワー」('09・ドイツ=オーストリア=フランス)

FGM=女性性器切除の事は何年か前にファッション誌で読んだことがあって。
ファッション目当てで読んでたし、突然目に入ったその記事に衝撃を受けました。
海外ドラマ、SVUでも取り上げてたエピがあって。
でも日本に住んでいると、あまり現実とは思えない話。
実際、記憶から消えかかっていたけど、また思い出した。
実はこの作品をよくある”サクセスストーリー”だと思ってた。
ソマリアから出てきた女の子がモデルになって、
色々あったけど成功する!的な。
お金や男に振り回され、ドラックお酒パーリー三昧な日々だったけど…
みたいな。
ああ、申し訳ない。
予期せぬ展開に、うろたえるわたし。

ロンドン。
ホームレス状態だったソマリア人の女の子、ワリスは、
イギリス人のマリリンと知り合い、
”ほぼむりやり”彼女の住む部屋に泊めてもらうことになります。
マリリンは彼女に仕事を紹介し、早く出て行ってもらおうとするけど、
ワリス、また帰ってきちゃう。
でも徐々に友情が芽生えてきて、ふたりは親友になります。

ある日のこと。
いつもの職場で、紳士がワリスに声をかけます。
「きみの横顔は美しい」と。
そしてフォトグラファーである自分にその横顔の写真を撮らせて欲しいと言います。
まったく信用してなかったけど、マリリンは名刺を見てビックリ。
彼はかなり有名な大御所フォトグラファーだったのです。
ワリスは恐る恐る彼のアトリエを訪問。
それを機に彼女の生活は一変。
モデルの仕事が舞い込むようになり、さぁ、世界へ〜
…となったのだけど、ワリス、パスポートが切れてた…

これでは強制送還になる。
マリリンの住むアパートの雑用係と結婚し、
無期限滞在許可書を手に入れたワリス。
離婚したあとは、トップモデルとして活躍し、
ああ、サクセスー!
すべてを手に入れたかに見えたけど、
彼女には世の中に伝えたい事がありました。
それは自分の生い立ちではなく、FGMのことでした。

遊牧民として貧しい生活をしていた少女ワリス。
3歳の時それは行われ、
13歳で初潮が来たと同時にかなり年上(というかじいちゃん)と結婚、
させられる寸前に逃げ出し、あれやこれやでひとり、ロンドンへ。
大使である親戚の家でメイドになり、
内戦で本当はソマリアへ帰らなきゃならなかったけど、
そのまま残り不法滞在者としてロンドンに残り、
数年後、マリリンと出会ったのでした。

FGMがメインの話とは知らず、
「ワリス、したたかだなー」
「欲しいものは手に入れる、つよいなーワリス」
「生きていくにはこれくらいじゃないきゃダメなんだろうなー」
と、いつワリスが堕落していつ復活するのかを待ってました。

平和な国で育ったわたしには、想像の出来ないような現実。
今のわたしならすぐ挫けそう。
テレビやネットや本で語られてることが全てじゃない。
わたしが知ることができるのはほんの一部。
今この瞬間にもこの虐待と言える行為が行われているんだな。

真実を知れる機会が増えて、少しずつ良くなって行けばいいな、世界。



本は二冊出ているようです。
ワリス、その後にソマリアにも帰ったらしい。
読みたいリストに入れておこう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム