本日の映画:ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー

「ソフィー・マルソーのSEX,LOVE&セラピー」('14・フランス=ベルギー)

ソフィー・マルソーが出てる作品は、
”ソフィー・マルソーの”と名前が邦題につくことが多いですね。
お、ソフィー・マルソーが出てるのか、見るかな。
と、思う人が今でもたくさんいるのかな。
こういう、とりあえずつくった(失礼!)系の作品でも、
とりあえずソフィー・マルソーが出てるからいいや。
え?こんな役もやるの?ソフィー・マルソー?って感じでも、
ソフィー・マルソーだからねぇ、ま、いいや。となるのか。
ソフィー・マルソーはすごいな。

男がいるとすぐセックスしちゃう。
そんなジュディットの勤務先はワイン会社の東京支店…
…に見える。あれ多分東京タワー。
もちろん日本男児もすぐモノにしちゃう彼女。
でもあまりにもいろんなところに手を出しすぎて、
とうとうクビになっちゃう!

仕事を失い、フランスに戻った彼女は、とりあえずおじの家に居候。
早速歯科助手の面接を受けにとあるビルへと向かいます。
そこで出会ったのは、夫婦専門カウンセラーのランベール。
彼に興味を持った彼女は面接に行かず、彼のオフィスへ。
助手を探していると聞き、経験もないのに無理矢理仕事をゲット。
何がしたいってジュディット、
ランドールとセックスしたいのです。

なんとか彼をその気にさせようと、
あれこれ頑張るけどなかなかなびかないランドール。
その気はありそうなんだけど…
実は彼、ジュディットと同じ、セックス依存症で、
それを克服するため禁欲生活の真っ只中だったのです。
そんなこと知らず、猛烈アピールのジュディット。
ランドールにしてみれば、地獄。

一方仕事はと言うと、すごく順調。
なんてったって経験豊富なジュディット。
性生活に悩む夫婦の相談は彼女にしてみれは”超”得意分野。
ふたりはいいコンビになっていくのだけどね。

父が母を殺し自殺…父が性転換…など、
複雑な過去をもつふたり。
それだけが原因とは言えないけど、
普通の恋愛ができなくなっているみたい。
だけど少しずつお互いを”セックスのお相手”以外の目でみるようになって…
お気楽なコメディかと思いきや結構深かった。



今までそういう風に感じてなかった相手を”愛してる”と思えるようになる。
そこからまた始まる。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム