本日の映画:真夜中のゆりかご

「真夜中のゆりかご」('14・デンマーク)

”一時の気の迷い”って経験した人多いと思う。
誘惑に負けて、盗みを働いたり浮気したり人を殺めたり、
やめた方がいいのにやってしまう。
それ、全部食べたら太るよな、ってのもそう?
あとで冷静になってみると後悔する。
それもわかっている。
でも気が迷う。
欲望のままに行動しちゃう。

今回の主役、刑事のアンドレアスもそのひとり。
妻アナと生まれたばかりの息子アレクサンダーと幸せな日々を送っていた彼。
ある日捜査で踏み込んだドラッグ中毒者、トリスタンとサネの家で、
育児放棄されている赤ん坊を発見。
息子とほぼ同い年の赤ん坊の名前はソーフス。
居ても立ってもいられない。
だけと施設で保護することもできず、
ソーフスはまたあのゴミ溜めのような危険な家に戻されることに。
家ではアレクサンダーに癒やされるけど、モヤモヤは消えない。

そして事件が。
ある夜、いつも夜泣きが激しいアレキサンダーが、
泣いていないことに気づいたアナ。
よく見てみてると息をしていない。
救急車を呼ぼう、という夫に、激しく取り乱しているアナは、
「そんなことしたら自殺してやるー!」と言う。
困ったアンドレアス。
自分もかなり動揺しているけど、ここは冷静にならないと。
アナに睡眠薬を飲ませ、息子を連れ病院へ向かったのだけど…

”気が迷った”彼は、何かを決心したように、車を走らせます。
向かった先はトリスタンとサネの家。
トイレでまた以前のように放置されているソーフスに息子の服を、
息子にソーフスの服を着せ、ソーフスを連れ帰ったのでした。

えー!
一番冷静で分別のありそうだったアンドレアスがですよ。
一番無分別な行動に出ちゃいます。
「ほら、新しい赤ん坊だよ、育てよ」だなんて、
情緒不安定だった妻もビックリですよ。
それにしても、誰にも気づかれないとでも思ったのでしょうか。
遺体がみつかったとき、検死したとき、バレるでしょう?
でも彼があの時取った行動は、ソーフスを救った。
あのままだったらきっと生きていなかったかもしれない。

じわじわと押し寄せてくるやるせなさ。
ひとりひとりの気持ちを考えて何が正しいか考えてみる。



アンドレアスの相棒は「ブラック・リスト」の、
アレグザンダー・カークだね!
アンドレアス役の人もこの間見た「おやすみなさいを言いたくて」に出てた。
ハンニバルもそうだし、デンマークの俳優さんは英語が堪能なのね〜

コメントの投稿

非公開コメント

大好きな監督さん

この映画の衝撃と切なさ 男女の心の動きの違いの描き方、さすが!のスザンネ監督と涙しました。いい映画ですー。

Re: びーさん。

コメントありがとうございます!
私もスザンネ・ビア監督の作品はいくつか見てますが、見たくないけど見ちゃう感じです笑
じわ〜っとくる恐怖?緊張?を楽しんでいる自分がいます。
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム