本日の映画:グランド・ブダペスト・ホテル

「グランド・ブダペスト・ホテル」('13・イギリス=ドイツ)

こういう”ハイ、ツクリマシター!”感満載の映画、好きです。
ほどよくブラックで、ほどよくグロくて、ほどよくロマンチックで。

ヨーロッパ大陸の東端に位置する旧スブロフスカ共和国。
作家は、かつての帝国の中心地だったその国のある町の、
オールド・ルッソ墓地に眠っていました。
彼が1985年に書いたのが「グランド・ブダペスト・ホテル」。
それは1968年、若き日の彼が休暇で訪れたそのホテルで出会った
ひとりの男に聞いた物語を綴ったものでした。
長い間謎に包まれていたホテルのオーナー、ゼロ・ムスタファの人生。
それがひとつずつ紐解かれていきます。

時はさらに遡り、1932年。
移民の青年、ゼロはホテルのロビーボーイとして働き始めました。
その頃のホテルは、上流階級の客で溢れる誰もが憧れる場所。
ゼロの上司である、生きる伝説、ムッシュ・グスタフが、
コンセルジュとして最高のサービスを提供していました。
彼の仕事はただ、最高の接客をするだけではありません。
彼らの要求をすべて完璧に応えるのはもちろん、
寂しいマダムたちの夜のお相手までも。
何人ものマダムたちが彼の虜でした。

でもある日、ある事件がグスタフ、そしてゼロの運命を変えていきます。
常客だったマダムDが殺され、グスタフが容疑者になってしまうのです…

グスタフって傲慢でいけ好かないやつ?と思ったけど、いやいやー、
少し”オレ様”なところはあるけど、仕事第一の人間で、
ゼロのことを息子のように大事にしてる。
冷静沈着でスマート、そしてお茶目な面もあって憎めない。
そんな彼を師であり保護者だと敬愛するゼロ。
彼を信じ、無実の罪を着せられたグスタフを助けていきます。

後半のこのふたりのドタバタが最高。
”ハイ、ツクリマシター!”感で何故か涙してしまうほど。
CGでなくミニチュア?なチープ感も良い。
ホテルの佇まい、ピンクのお菓子の箱とブルーのリボン。
アガサの作るお菓子のかわいいこと!

一瞬でも目を離したら”ハイ、ツクリマシター!”の場面、
見逃しちゃいそうで気が抜けない。
ほどよく皮肉、もニヤリとしてしまう。



出演してる俳優が豪華すぎ!
そして使い方が贅沢。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム