本日の映画:パレードへようこそ

「パレードへようこそ」('14・イギリス)

なーんかこの人見たことあるなぁ、あれーこの人も知ってるなー、
んーでも誰だったっけ?とずーっとそのことばかり気になって見てました。
見終わって調べてみたけどいまいち合致せず、モヤモヤ。
でも映画はちゃんと見てましたよ。
実話、ということで、泣く準備もできてたし。笑

1984年、サッチャー首相の時代のイギリス。
炭鉱閉鎖に抗議するストライキが各地で起こり、
警察による厳しい弾圧が行われていました。
炭鉱労働者の厳しい現状をニュースで知り、
彼らを支援しようと動き出したのが、ロンドンに住む若者、マーク。
ゲイである彼は仲間とともに”LGSM”=炭鉱夫支援レズビアン&ゲイの会
を立ち上げ、募金活動を始めます。

でも彼らには炭鉱夫の知り合いがおらず。
…という事で、労働組合に電話してみるけど、
”レズビアン&ゲイ”は認めてもらえず…
もうこうなったら直接聞いてみよう!
って事で、今度は炭鉱のある町にあちこち電話。
すると、ウェールズにあるディライスという町から受け入れOKの返事が。
でも町の人たち、”LG”の意味を知らなかったのです。

ところがその意味がレズビアン&ゲイだと知っても、
代表のダイは「そうだったんだー。」と偏見なく受け入れてくれたのでした。
メンバーも増え、町のパーティーに招待された彼らは、
意気揚々とディライスへ。
みんなの温かい歓迎が待ってるよ〜と思いきや。
町民の反応は冷ややか。
なんだこいつら。という視線。

でもおばちゃんと子供たちは違ったのです。
自分たちのために活動してくれている彼らを認め、
共に闘う決意をします。
でも中にはそれをおもしろく思わない人々が。
”ゲイ達が支援するなんて恥”だと、新聞社に密告。
そして偏見たっぷり記事が書かれ、マークたちは窮地に立たされるのだけど…

ゲイの文化が進んでいるかと思ってたイギリスだけど、
80年代はまだまだだったらしい。
ボーイ・ジョージとかデヴィッド・ボウイとか人気だったはずなのにね。
路上でチューしてるだけで刑務所に入れられたと言うからビックリ。

この物語に出てくるみんなはそんな時代に生きていた若者たち。
国民全員が偏見を持っていた訳ではないけど、切ないね。
先にも書いたけど、彼らを受け入れたおばちゃんたちが最高でした。
あれくらいおおらかに生きてると、人生何倍も楽しくなりそう。



ストの翌年、何度も廃案になっていた
同性愛者の権利を盛り込む議案が検討されて、
ついに可決されたそう。
可決を決めたのは「全国炭鉱労働組合」の全会一致の支持。
みんなのその後も涙腺崩壊。

コメントの投稿

非公開コメント

大好きな映画です

ケン・ローチ作品を思わせる作風で、とても好きです。おばちゃん達が女同士のちょっとしたときめきに目覚めるシーンも大好き。

Re: 大好きな映画です

びーさん。
コメントありがとうございます!

実話と言いながら、盛ってる?っていうのも多いけど、この作品は単純に「いいな」と思えました。
あのおばちゃんたちのおかげ!と言ってもいいくらい笑
プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム