本日の映画:あの日の声を探して

「あの日の声を探して」('14・フランス=グルジア)

あらすじを読んだだけで、見たら苦しくなるのはわかっていたのよね。
これは実話ではないようだけど、
ロシアがチェチェンに侵攻したのは本当にあった出来事。
しかも1999年の話。
私にしてみればついこの間のこと。
ニュースではなんとなく聞いていたけど、詳しい事はほとんど知らない。
知らない自分に罪悪感を抱いたりしちゃう。

物語は大きく分けて3つ。
始まりが終わりで終わりが始まりタイプで、
最終的にはひとつの輪になっている。

ロシア兵に両親を殺され、姉も連れ去られてしまった9歳のハジ。
ショックを受け、口がきけなくなってしまった彼は、
まだ赤ん坊の弟ヴァクハを抱きかかえ、逃げるように家を出ます。
でも彼はほんの子供。
弟の事を思って民家の玄関先にヴァクハを寝かせ、
住人が彼を見つけたのを見届け、その場を去ります。

あてもなく歩いていると、運良く難民を乗せたトラックに拾わたハジ。
親もいない彼は赤十字の施設へ連れて行かれます。
でも人間不信になっていた彼はロシア兵がいる施設から逃げ出し、
またあてもなく街をふらふら。
落ちていたパンを拾い飢えをしのぎます。

そんな彼を見かねて家に連れ帰ったのは、EU職員のキャロル。
戸惑いながらもなんとか心を開いて欲しいと努力するけど、
言葉も通じないし、なかなか意思疎通ができない。
でもハジにその想いが通じはじめ、徐々に笑顔を取り戻していくのでした。

ロシア兵から解放されたハジの姉、ライッサ。
ようやく家に戻ると弟ふたりがいない。
親戚の家で「捨て子があった」と聞いた彼女は、ヴァクハと無事再会。
ハジを探すうち赤十字の施設にたどり着きます。
でもハジはおらず、彼のリュックサックだけが残されていたのでした。

チェチェンから遠くはまれた街に住むコーリャは、
ドラッグで警察に捕まり、強制的に入隊させられます。
普通の青年だった彼は、劣悪な軍の生活に馴染めないでいました。
最初に命令されたのは戦死した兵士たちの対応。
次々と運ばれてくる負傷した死体。
上官からは教育という名のイジメを受け、
彼の精神は壊れはじめていました。
そしてとうとう前線へ。
初めて人を撃ち殺し、彼を別の人間に変えてしまうのでした。
人を殺すことも、彼にはゲームのように思えたのです…

ハジたちの物語とコーリャの物語。
被害者と加害者のように見えるけど、
コーリャも被害者です。
軍隊での出来事がなければ、彼は普通の若者だったはず。

ハジに希望を見出したキャロル。
人権問題に取り組む彼女。
こういう人たちが陰で頑張ってるんだな。
でもせっかくの公聴会。
人はまばらで、一応来た人もあんまり興味がないみたい。
誰かが声を上げて”しつこく”(いい意味でね)言うのって大事だな。



こういう映画に起用される素人俳優、すごいよね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム