本日の映画:アギーレ/神の怒り

「アギーレ/神の怒り」('72・西ドイツ)

「フィツカラルド」に続き、ヴェルナー・ヘルツォーク監督の作品。
同じアマゾン川が舞台だけど、製作年を見るとこちらが先のようですね。
主役も同じく、クラウス・キンスキー。
なんとなんと、ナターシャ・キンスキーのパパでした!
マッドサイエンティストならぬ、マッドソルジャー的な役柄。
マッド系がお似合です。

1560年代。
黄金郷エルドラドを見つけ征服しようと、
アマゾンの奥地を目指しているのはスペインの探検隊。
部隊の副官、アギーレは娘や隊長とその愛人、
修道士たちや王家の代表、兵士や200人の奴隷たちと共に、
旅を続けていました。
そしてその旅はとても苦しいものでした。

エルドラドへは川を下って行かなければなりません。
ここで「フィツカラルド」にも出てきた名物(?)
アマゾンの川下りです。
激流に翻弄され、仲間を失い、食料も底をつく。
そして姿を見せない先住民たちの攻撃。
どこからか降ってくる矢。
熱病、幻覚…死体が増え、絶望だけが残る。

そんな中、シリアスな話なんだけど笑っちゃう場面も。
食べ続ける王家代表、塩にむさぼりつく兵士たち、
筏の上をネズミのように走りまわるサル。
シュールなその場面で、必死にエルドラドまで行こうとするアギーレ。
同行した宣教師は、
兵士が薬と間違ってインクを飲んだので、すべては書けなかったそうです。

そして誰もいなくなり…筏の上にはアギーレひとり。
ただ流れに身を任せる筏に、彼、ひとり…



エルドラドに着いたところで、彼、ひとり…

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム