今月の海外ドラマ

9月はエミー賞の季節です。
あれ?いつもエミーの前にゴールデングローブ見てたのにな、
今年は放送なかったのね。
エミーやゴールデングローブもちろんアカデミーも、
たくさんの知り合いに会えるのでかなり興奮します。
日本で見れるドラマも増えたけど、
まだまだ入ってきてないのもたくさん。


「ウェイワード・パインズS2終了!」

シーズン1の内容は原作から作ったものだったのだけど、
このシーズン2はオリジナルで作ったみたいです。
確かにあれでは謎が多すぎて消化不良。
でも消化してくれるはずのシーズン2でさらに消化不良…
イーサンの死から数年後、ウェイワード・パインズは、
ピルチャーの魂胆通りジェイソンが仕切ってました。
この新しいシステムでは、みんなここが未来だって知ってるのかな。
あんまり隠してる感がなかったような。
選ばれた人間がここに来ているはずなのに、
ちゃんとした医者がいない!ってどういうこと?と思ったけど、
ちゃんとした医者が必要になり目覚めたのが、テオ。
彼を中心に、今回は謎だった街のこと、アビーのこと、などなど、
少しずつ明らかになっていきます。
この時代で大丈夫、と思って街を作ったのだけど、
まだアビーが滅びてなくて…
でも最後まで見てみると、アビーはそんなに凶暴な生き物ではなくて、
ピルチャーが脅威だからと言って虐殺したのが悪かったのでは?
あれがなければ共存できたのでは?なんて思ったり。
最終回を見る限り、シーズン3作る気満々そう。
是非実現していただきたい。だって、
再び眠りについた住人たちの件、
メスのアビー、マーガレットの件、
ケリーは生きてる?
残された人々は?
次に目覚めるのは何千年後??
最後は人類vsアビーが見られると思ってたのに、
それがなかったのでちょっと物足りない感。
テオ、目覚めさせてもらえるか心配。


「華麗なるペテン師たちS1→S2終了!」

1シーズン6話のイギリスドラマ。
シーズン1は2004年制作だって。
携帯の形とか見ると、ちょっと前かな、
と思ってたけど、12年も前だった。
んー、と思ったけど、
同じく詐欺師モノ「レバレッジ」好きだったし見てみることに。
なかなか面白いです。
結構失敗して人間らしさが出てるのがいいですね。
リーダー格のミッキーはその道では有名人の詐欺師。
引退前にもうひと仕事、ということで昔の仲間に声をかけ、
チーム結成です。
ベテラン詐欺師のアルバートは上品なおじさま。
当たり屋をしていたアッシュは、チームの何でも屋さん。
唯一の女性ステイシーは、もちろん色仕掛け担当。
プラス新米詐欺師のダニー。
計5名で、強欲な金持ちをうまく騙していきます。
新米ダニーが裏切る?失敗する?と終始ヒヤヒヤ。
離婚が決まったミッキーとステイシーの関係。
同じく当たり屋だった妻の看病をするアッシュ。
もう若いのに譲るわ、と引退表明したアルバート。
人間模様もいろいろです。
そしてシーズン2。
気にしてた人間模様も、あれ?ってくらいなかったことに笑。
まぁ、いっか。
強欲な金持ちをすこーん!騙すのがいいのよね。
ステイシーを騙した詐欺師の夫をすこーん!と騙したエピ、
最高でした。
1シーズン全6話なでのでさくさく進むよー。


「キャッスルS7終了!」

キャッスルとベケットの中の人同士がとっても不仲、
というのを知ってから、
どうも見ててそのことばかり考えちゃう。
夫婦になって更にラヴラヴのシーンが増えたのに、
チューの仕方がなんだかおかしいとか、
見つめ合うシーンもホントは、
「キモい」くらい思ってるんじゃないかとか、
カット!のあとは口も聞いてないんじゃないかとか、
余計なことばかり気にしてしまって話が入ってこないの。
そんな中、ベケットが降板とかいう情報も入ってきて。
ベケットいなかったら無理だよね…
えっと今シーズンは。
行方不明になったキャッスルが記憶喪失で戻ってきて、
その空白の時間の件がメインになると思いきや、
意外とあっさり解決?です。あれで解決なんだよね?
思いっきり盛り上げておいてあれですか?っての、
よくあるパターンだけどね。
各エピの事件は相変わらずおもしろいんだけど。
そうそう、キャッスルがベケットたちと働けなくなって、
探偵になったりしてた。笑
頑張って刑事になればいいのに。笑
最終話まで引っ張ると思ってたキャッスル空白の時間の件が
早めに解決したのでどうするのかなーと思ってたら、
なになに?キャッスル11歳の時の衝撃の体験の件がここで登場。
しかも犯人。バレバレ。


「Hawaii five−0・S6終了!」

普通におもしろいファイブオーです。
特に個々のキャラに入れ込む事もないけど、
ダニーがやっぱり好きじゃないけど、
マシ・オカがレギュラーなのか怪しいけど、
普通に楽しんでます。
ヒヤヒヤさせられるけど、最強だからねーマクギャレット。
でも!そのマクギャレットがあんまりセリフもなくて死の瀬戸際に!
の最終回は、ま、死なないとは思ったけど、ヒヤヒヤしました。
でもあの終わり方は、ここで打ち切りになってもだいじょーぶ。
的な作りでしたね。
次のシーズンもあるみたいですが、
元々契約がとりあえずシーズン6までだったらしく。
んまあ、ここで終わっても美しいかなっ、て作ったのかな。
だからなのか、今シーズンは個々のエピが充実してましたね。
スティーヴはキャサリンの秘密任務のことを知り、愕然。
キャサリンには是非戻ってもらいたいけど…どう?
アダムは極悪ガブリエルに翻弄され、
せっかく結婚してラヴラヴのコノを困らせます。
そしてチンは、ファイブオーを探るスパイとして配属された
FBI捜査官、アビーとラヴラヴに。
でも死んだ妻の姪が出てきて…ちょっと複雑。
ダニーはなんかあったかな…
あ、娘のグレイスがすごく美人さんになりました。
ルーも昔の相棒とゴタゴタで、家族までもが危険な目に。
シーズンも長くやってると事件だけでなく、
キャラの私生活に触れてくれるのもドラマの醍醐味ね。
マシ・オカ、もう次は出ないのかな…


「フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS1終了!」

あの「ウォーキング・デッド」のスピンオフ作品。
絶対見るでしょ。見るよねぇ。
舞台はロサンゼルス。
本家と違い、物語の始まりはウォーカー誕生のちょうどその時。
でもやっぱりどうしてこうなったか、ってのがわからない。
一番知りたいところなのに。
教師のトラヴィスとその恋人、マディソンは、
マディソンの子供、ニックとアリソンと暮らしています。
ある日麻薬中毒者のニックは、
麻薬を使うために寝床にしている空き家でとんでもない光景を目にします。
一緒に楽しんでいた女の子が人を…食べてる?
びっくりして逃げるニック。
そうです。恐怖はもうそこまでやってきていたのです。
話をよくよく聞くと、
もうすでに各地でそういう事件が起こってたらしく、
あー、パニックならないように政府が情報操作してたんだろうなー、
と予測。
何がイライラしたって、
ウォーキング・デッドを見ている私にしてみれば、
どこが急所なのか、とか、もう手遅れなんだ、とか、
わかってるのに、何も知らない人々の行動ですよ。
ここにいれば大丈夫←大丈夫じゃない。
きっと治る←治らない。
殺しちゃダメ←殺さなきゃダメ。
窓開けっ放し←ほんとダメ。
とりあえず食料持って逃げる←武器も持て。
家族を救うために閉じ込めてたウォーカーを外に出す
↑リックに怒られます。
真実を知らず、知らないって怖い。


「CSI:科学捜査班S14終了!」

ちょっとマンネリ化してきたかな。
面白いんだけどね。安心感はあるんだけどね。
長くやってるといろいろあるみたい。
今回はニックが途中でいなくなったりしました。
揉めてる話とか聞くと見てる時に影響するから、
ほんとは聞きたくないけど聞いちゃう。
そう考えるとオリジナルキャラで何もないのは、
グレッグとブラス警部くらい?
そうそう、偶然見た映画でグリッソムが出てきて、
あら!と喜んでたらすぐ死んじゃったな…
ドラマでは主役なのに、映画じゃ端役、ってのが多いのよね。
そんなちょっと中の事情が気になりながら見たシーズン14。
モーガン&エリーの拉致事件から始まり、
ブラス警部とエリーで終わる。
そういえばシーズン通してのシリアルキラーっていなかったな。
相変わらず凝った殺人が多かったけど、
KISSのジーン・シモンズの髪型もすごかったな。
そして楽しみにしてたスピンオフ「サイバー」とのクロスオーバー。
パトリシア・アークエットがCSIって!
ちなみにブラス警部、ここで降板とのことです。
だからあのエピか。
続いてファイナル・シーズンの15が放送。
みんな(ウォリックは無理か)出てきて欲しいよね。


「アメリカン・ホラー・ストーリー:ホテル終了!」

楽しみにしてたシリーズ。ホテルです。
なんといっても一番の楽しみはマット・ボマー!
残念ながらニールが抜けてないんだけどね。
ロサンゼルスにある歴史ある古いホテル「コルテス」に
チェックインしたふたりの若い女性は、
古さやネットが繋がらないことに文句タラタラ。
しかもこの部屋なんか臭い…
嗚呼もうなんだか嫌な予感。
そこから物語は止まらない。
残酷な殺しを続けるシリアルキラーを追う刑事。
彼がホテルで見たのは、数年前行方不明になった我が子。
その我が子を誰よりも愛する妻。
コルテスの女主人とその恋人。
女主人の恋人の母親とトランスジェンダーのバーテンダー。
コルテスを建てた男とデビルズナイト。
ホテルを買い取った男。
女主人が愛した男と彼女を憎む女。
そのホテルから出られない人々。
書いたらきりがないほど、絡んでくる人々。
明らかになる真実、過去、謎。
ホテルで死ぬとホテルから出られなくなる。
ホテルで死にたくない人と死にたい人がいる。
ホテルに入るまで「死なないで!」と応援したわ、私。
クイニーの魔術もかなわない、恐るべし、コルテスの住人。
現実を受け止めてるスカーレットが一番すごい。


今月の新ドラマ↓

「華麗なるペテン師たちS1・S2・S3」←S1・S2は今月中に終了
「フィアー・ザ・ウォーキング・デッドS1」←今月中に終了

なーんか寂しい。
でも10月にどどーんときそうですぞ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム