本日の映画:パリの恋人

「パリの恋人」('57・アメリカ)

オードリーファンでははないけれど、あったら見なきゃと思う。
今まで結構見たな、と思ってたけどこれはまだ見てなかったみたい。

アメリカのファッション雑誌「クオリティ」の編集長マギーは、
次号で発表するパリのデザイナー、ポール・ドュヴァルの新作を着る
新しいモデル”ミス・クオリティ”を探していました。
知的で個性のある子、と言うことで選ばれたのが、
ファッションに全く興味のない哲学好きで古本屋のバイト、ジョー。
「パリに行けば君の崇拝する哲学者に会えるよ」
と甘い言葉で誘惑され、それなら行くー!と即承諾。
そして原石だったジョーは、メイクをしドレスを着、宝石となったのでした。

ジョーの美しさにいち早く気づいていたカメラマンのディックは、
その彼女の美しさに心を奪われ、ジョーもディックに恋心を抱き始めます。
ここがちょっと唐突すぎてなんで?と思ったけど、
展開早めにしないとね、長くなっちゃうからね。
ウエディングドレスの試着でルンルン。
盛り上がっちゃったみたい。

でもそんな中ちょっとした事件が。
お披露目パーティーの寸前に、崇拝する哲学者の講演があると知ったジョーは、
こっそりと宿を抜け出し講演会場へ。
おじいさんだと思ってた哲学者が自分とそんなに変わらない年齢だと知ってびっくり。
うっとりしてお話聞いたりしちゃう。
それを知ったディックは嫉妬。
喧嘩になりパーティーは滅茶苦茶。
さてショーはどうなる?

時間割が大雑把で、辻褄が?な部分があるけど、
まぁいいや。
最後はもちろんハッピーエンド。
いいのよ、それでいいの。



この時代のファッションは上品だけど、
ユーモアのセンスも抜群。
今回の特に帽子がよかったな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム