本日の映画:カサノバ

「カサノバ」('76・イタリア)

事前の情報で、ドナルド・サザーランドなんだーと思ってたのに、
見始めたらそんな事すっかり忘れてて途中で、
「あっドナルド」と気付きました。
ずっと「この人気持ち悪ーい」って思って見てたので、
気づいた時に思わずドナルドさんに謝りました。
しかも、若い頃のドナルドさんなので、
どう見てもキーファーにしか見えなくなり、
最近で言うと「24」のジャックの印象が強いので、
カサノバがジャック・バウワーに見えるという混乱。

さて物語。
イタリア人のジャコモ・カサノヴァは、
そのすごすぎる女性遍歴で有名な作家。
1000人の女性と寝た!と本人はおっしゃってるようです。
その色男は、女なら誰でもOK!らしく、
とにかく女大好きセックス大好き!なお方だったようです。

そんな訳で最初から最後までこれでもか!の乱交そして乱交。
愛はあったりなかったり。
みんなに応援されたりしてことの終わりにはガッツポーズ。
スポーツみたいです。

その様子は猥雑だけど、カサノヴァの頑張り具合に笑いがこみ上げてきたり。
でも虚しさも少し。
あちこち渡り歩いて、乱痴気騒ぎを繰り返し、いつの間にか歳をとる。
そんな彼には何も言わない人形が最後の癒やしとなるのでしょうか。



監督は、映像の魔術師、フェデリコ・フェリーニ。
シュールな、退廃的な、妖艶な、美のお祭り騒ぎ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム