本日の映画:イレイザーヘッド

「イレイザーヘッド」('76・アメリカ)

久々のディヴィッド・リンチ監督作品、その2です。
見た当時はよく考えないで見ていて、
そのアート的な雰囲気に酔っていたな。
特にタイトルのイレイザーは、
=消しゴム=ヘンリーの頭=だから消しゴム付き鉛筆なのか!
といまさら。笑。

物語の舞台はフィラデルフィアらしい。
ある日、印刷工のヘンリーは、恋人から夕食を食べに来て、
と連絡をもらい、彼女の家へ。
そこで突然、彼女が赤ん坊を出産した事を告げられ、
母親から「結婚しろ!」言われてしまう。

結婚し、彼女と赤ん坊と3人で暮らし始めたのだけど、
夜泣きが酷い赤ん坊に耐えられなくなった妻が出て行ってしまう。
ヘンリーはひとりで赤ん坊を育てることになるのだけどね。

その赤ん坊ってのが、赤ん坊のようでそうでない。
リンチ監督が初めて自分の子どもを見た時、
そんな風に見えたのでしょうか。

赤ん坊と取り残されたヘンリーは、
徐々におかしな世界の住人になっていきます。
はぁぁぁ。
最後のシーンってあんなにグロかったっけ?

リンチ監督の作品はいつも、抜け出せない、
とんでもなく憂鬱になる悪夢的な感じだけど、
この作品が一番抜け出せないかも。
ほんと、隣に座って「ここはこういう意味なんだよー」
って説明してくれないかな。
ひとつひとつの物事に意味がある方が安心する。
わけ分かんないままだと、そのまま悪夢に飲み込まれそう。



そして聞こえてくるのは効果音や音楽でなく、
ブーンブーブーブーン
というノイズ。
そしてあの鳴き声。
流れる液体。
溢れるブクブク。
潰せ!潰せ!潰せ!

変な夢見そ。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム