本日の映画:昼下がりの背徳

「昼下がりの背徳」('14・カナダ)

「背徳」とは、道徳に反するという意味。
エロティックに分類される作品の邦画タイトルによく見られます。
でも、分類はされていても本当にエロなのとそうでないのがありますね。
タイトルにエロ感があると手に取る人が多いからだと思います。
私としてはこういう、エロティックに分類されているけどそうでない、
作品にはもう少し粋なタイトルをつけて欲しいと思います。

さて、物語。
ケベック郊外に住む建築家のルークは、
女子サッカーチームのコーチをしている妻ステファニーと幸せに暮らしてる。
学生時代からの付き合いらしいけど、
食事の時のランチョンマットの色にこだわるなど、
ルークは私からしてみたらちょっとめんどくさいタイプかな。
仕事上出張が多いルークは、家を開けることも多々あり、
ステファニーはちょっと寂しいみたい。

ある日ルークは、仕事で知り合った女性、リンゼイから電話を受けます。
実は初めて会った時、ビビビと来てたふたり。
会うことにして、はいもちろんベッドイン。
リンゼイも既婚者、なのでW不倫ね。
少しばかりの罪悪感が湧いたけど、普通に生活を続けるルーク。
でもリンゼイの事が頭から離れない。
なので妻が女性とチューしてるのを見ても冷静…
だったけど、何だかおかしい妻の行動。
徐々に情緒不安定になっていく妻を心配しながらも2度目の密会。でも…

長い年月が経ち、新しい生活を始めた妻と主人公とその愛人。
再会したかつての短い恋。
あの時と同じ過ちは犯さない?
それにしても、ルーク、新しい恋が若いよ…



リンゼイがそれまでルーク一筋だったら困るな。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム