本日の映画:天才スピヴェット

「天才スピヴェット」('13・フランス=カナダ)

モンタナの牧場に家族と暮らす10歳のTSは天才少年。
生まれるのが100年遅かった生粋のカウボーイの父、
昆虫に情熱を注ぐ母、有名人になりたい姉。
そして二卵性双生児の弟レイトンは、TSとは真逆の性格。
その彼が銃の暴発で事故死してから、
その場に居合わせていたTSは自分を責め続け、
家族はその悲しみから立ち直れないでいた。

ある日、TSが発明した「400年の永久運動が可能な磁気車輪」が、
最も優れた発明に送られるベアー賞を受賞したと連絡が入る。
自分は子どもだから信じてもらえないと思ったTSは、
発明したのは父です、と答え、
家族には内緒で単身、授賞式が開催されるワシントンDCへ向かうことに。

ひとり旅で出会う人々、感じたこと、見たこと、聞いたこと。
頭がいいけど中身はやっぱり子ども。
色々考えて大人よりも何でもわかっているようだけど、
子どもの部分もちゃんと持ってて、いちいちかわいい。
ちっちゃい嘘ついたりね。

TS役のカイル・キャレットがめちゃくちゃキュートです。
あれ?知ってる子?と思ったら、
何と「ザ・フォロイング」のジョーイだった!
まぁ、なんてことでしょう。
男の子の天才児の話って映画でもよくあるけど、
女の子バージョンってないよね。
天才女子ってあんまりいないの?
(CSIか何かでひとりかわいくないのがいたな)



才能は伸ばしてあげないとね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム