本日の映画:her/世界でひとつの彼女

「her/世界でひとつの彼女」('13・アメリカ)

スパイク・ジョーンズ監督の作品、好きです。
”現在”に近いようで”別世界”。
とてつもない”変”さをあたかも普通のようにみせる。
「マルコヴィッチの穴」のように、彼の頭の中に入ってみたい。

そんなどこにいるのかわかんなくなっちゃう彼の作品、
今回のお題は人工知能との恋愛。
もうすでについていけない最新機器。
でもここまでになるのはもうすぐそこ、なんだろうな。
と言うか、既になってる?

セオドアは、他人の手紙を代筆するライター。
元妻キャサリンとは離婚調停中で、
未練タラタラの彼は離婚届にサインできないままでいる。
そんな時彼が目にしたのが、新製品のOS1。
インストールしたそのOSは自身を”サマンサ”と名乗った。
機械的な人工知能とは違い、本物の人間のように会話できるサマンサと
毎日”一緒”に過ごすセオドア。
ユーモアのセンスも抜群なサマンサを徐々に愛するようになります。
そしてサマンサも、少しずつ”人間的”な感情を学び、
”愛すること”を感じるようになり…

デジタル社会についていけないし、100%信用してない私だけど、
こんな恋愛もありかなーと思いました。
セオドアも自分のすべき事を見つけたしね。
まぁ、生身の人間でも人工知能でもやり過ぎは禁物だけどね。

切ないのはサマンサの方だね。
自分のアイデンティティって?
肉体のない自分って?
あふれてくる知識に対応できるけど、
その知識も多すぎると何か人生難しくなりそう。
人間より悩みが多そうだ。



でも豊富な知識で悩みも即解決できる?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム