見た映画思い出してみる(ネット不倫のワナ/恐怖と欲望/エロス+虐殺)

「ネット不倫のワナ」('10・カナダ)

フレッドとデビー。夫婦。息子ひとり。
フレッドは仕事を辞め、今は自宅で小説を書いている。
けど、なかなか書き上がらない。
デビーはそんな夫を支えるため、仕事仕事の日々。
そんなふたりはお互い相手にイライラしている。
彼らが手を出したのはそう、不倫サイト。
デビーにはたくさんのメールが届くけど、
フレッドにはたった一通のみ。しかもお金目当て。
こっそり密会を楽しむデビーの事も知らず、
相手がいなくてモヤモヤ最高潮のフレッドが手を出したのは何と…
デビーの親友。
こいつ、救いようがないな。
女は相手と心を通わせたい。
男は体で愛を感じたい。
噛み合わないふたり。でも愛してるんだって。
何かね、文部科学省あたりが作った教育ビデオみたい。
今、こんな感じでこうこうこうするとこうなるから大変だよ、
って注意喚起してるみたい。
最後もフレッド撃沈だしね。
自業自得。




「恐怖と欲望」('53・アメリカ)

この作品は”幻”と言われていたスタンリー・キューブリック監督の
劇場映画デビュー作とのこと。
あまりにも出来が悪いと思った監督が自ら封印してたらしい。
それが最近になってようやく日の目を見たんだって。
物語の舞台はどこかはイマイチわからないけど、多分ドイツ?
戦争中なのは確かね。
アメリカ兵が乗っていた飛行機が墜落。
しかしそこは敵地のど真ん中。
筏を作って逃げる?
と考えていた4名の生存者。
そんな時彼らが見つけたのは敵軍の将軍。
しかも近くには飛行機が。
どうする?将軍たち殺して飛行機奪って逃げる…?
4人の兵士たちの恐怖と欲望。
やらなければやられる。
生きて帰るためにどうするべきか。
私には監督が言いたかった事が少しだけわかったような気がする。
ってそんな単純じゃないか!

15恐怖と欲望1


「エロス+虐殺」('70・日本)

久々の日本映画。
実話を元にしているらしいです。
3時間半超え。
松竹ヌーヴェルヴァーグ出身の監督と言うことで、
アート的な感じが雰囲気が漂います。
こういう映画は大好物ですが、相変わらず混乱させられます。
ストーリーはぶつ切りだし、何度も置いてかれちゃう。
伝えようとしていること(ってか伝えようとしてるのか?)を
必死で理解しようとするけど、無駄な努力に終わることも多い。
私の知らなかった歴史のひとつ。
大正時代に実在したアナーキスト、大杉栄。
フリーセックス主義者でもあったらしい彼はその奔放ぶりが祟ってか、
「日影茶屋事件」という事件に巻き込まれます。
映画の中でのあの最後のシーンはこの事件の事かな。
実際には重症で命はとりとめ、その後の「甘粕事件」で殺害されたそう。
ちなみに娘の名前が”魔子”。
よく役所がOK出したな。
そんな彼の生きた大正と現代(ここでの現代は昭和40年代)が交錯しながら
進んで行って、何度も脳みそがこねくり回されます。
現代パートに出てた人が原田大二郎に似てるな、と思ってたらご本人でした。
結構裸も出てきます。
今の日本映画ではあんまりないよね、Vシネマでない限り。
感想という感想はうまく言えないけど、
何か面白い世界をまたひとつ発見できたかな、という嬉しさがありました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム