7月の海外ドラマ

8月から「FOX CRIME」が「FOX CLASSIC」に変更になるそう。
クラシックって事で、ななんと、昔のドラマが放送に!
懐かしの「フレンズ」や、
途中までみて放置してしまった「Xファイル」と「アリーmylove」が見られるの。
週一だから長い付き合いになりそうね。
この調子で「LAW&ORDER:SVU」も1からお願い。
(しつこく言えば叶う)


「LAW&ORDER:SVU・S16」終了!

あーあ、終わっちゃった。
本国アメリカとほぼ同時放送だったので、
何度かお休み期間もありました。
ほんと、すごいよね、最近の海外ドラマ事情。
SVUは性犯罪を扱う部署なのだけど、
ドラマは週一とは言え、こんなに性犯罪の発生が多いと悲しくなるね。
それ以外にも強盗や殺人もあるのにさ。
ドラマだから凝った作りにはしてると思うけど、
ほんとあんな頻度で凶悪な犯罪が起きてるのかしら。
んで話は戻ってSVU。
前回イライラさせられたルイスが去ったと思ったら、
またイライラする奴が登場しました。
オリビアの仕事はいつも危険な敵を作りますね。
今回オリビアは身寄りのないノアを養子に迎える事を決意。
でものちのち判明するノアの父親がとてつもなく悪い奴でね…
クールなオリビアも子どもが絡むと普通の女の顔になる。
動揺してるのみてると私まで動揺したよ。
そうそう、アマーロ役のダニー・ピノが降板するのは知ってたんだけど、
どんな風にさよならするか気になってたのよね。
んでまさかの最後の銃撃戦!!
誰もが思った死亡フラグ…あぁ、びっくりした。
あ、「シカゴP.D.」というドラマとのクロスオーバーエピがありました。
何かコレ、クロスオーバーっぽいけど、この人たち知らないや。
と思ってたらクロスオーバーしてました。
残念なのは「シカゴ」の方のエピが見れないことですね。
話繋がらないし。

「glee・S6終了!」

最終シーズンです。
シーズン1、2くらいまでは面白いな、と思って見てたのね。
でもオリジナルキャラクターが卒業してニューヨークと行ったり来たりして、
フィンの中の人が亡くなったりもあってね。
何かね、あの頃の面白さがなくなったかなーって思ってた。
ドラマでは致命的、主役が好きでない、ってのもあって、
(あ、レイチェル、あなたのことね)
彼女がニューヨークで成功したのも、
(かなり駆け足すぎて更に人生甘く見そうと思った)
また例の自信過剰が過ぎて失敗したのも、
(あのシットコムは私が見ても酷かった)
何だか身を入れて見られないで過ぎていった感じでした。
最後の方では、もう歌ってるの見ても、ふーん、
くらいしか思えなくなった自分もいたけど、
やっぱりここまで見たらどうなるのか気になっちゃってね。
最終話のひとつ前のエピはシーズン1の頃の裏話で。
みんな頑張って若作りしていて泣けました。
そして一番泣いたのはあの「Don't Stop Believing」。
私は心に響くと涙がこみ上げてくる曲が何曲かあるのだけど、
これもその内のひとつ。
でもオリジナルではこみ上げてこない。笑
(Journey、ごめん!)
最終話はお決まり?の全員集合。
…ぽい?大人の事情で出られなかった人も多かったみたいね。
フィンがいたらどんな最後になったのかなー。


「ブラックリストS2終了!」

面白いんだけど、何か、んー、となってしまうドラマのひとつ。
最終話に近づくに連れてちょっとわかってきた、んー、の理由。
リズだな。やっぱりリズだ。
主役があれじゃ物語が引き締まらないよねぇ。
何かね「彼女は優秀だ」「彼女は特別だ」って言うけど、
どうもそう感じない。
レッドが必死で彼女を守ってた理由も、あ、そ。だったし、
そこまで必死になるほどリズには価値があるのか?
あった所で、見ている私には響いてこないわよ。な感じ。
そもそも優秀さが伝わってこないのよ。
しかもなんだかんだ言っててトムの事好きだし。
これってただ単に私が彼女の事好きじゃないから?
って文句はここまでにしておきましょう。
”優秀な”(コラコラ私)FBI捜査官のリズは、
感情的になって(コラコラ私)丸腰のお偉いさんを射殺。
レッドともに逃亡者となります。
まぁ、レッドがいれば安心でしょう。
今シーズンではレスラーと共にほぼ毎回、
怪我したり気失ったり死にそうになったりしてたけど、
次シーズンは気をつけてね。


「LAW&ORDER:犯罪心理捜査班S2終了!」

文句なしに面白いです。
クセのあるゴーレンの演技も(日本語おかしいけど)見慣れてきたしね。
ちょっとずつゴーレンの過去、
女好きで家庭を捨てた父や、それで精神を病んだ母の話も出てきたね。
シーズン通してのシリアルキラーはまだ(ってかこれから出てくるかは謎)
出てこないけど、第3話で出てきたニコールが再登場しましたね。
身分詐称をゴーレンに見抜かれた彼女。
また彼の鼻を明かそうとしたのか何なのか、
今回も捕まらない自信があったのか本当は捕まりたかったのか、
また上手にゴーレンを操ろうとしてたけど…
彼を怒らせたら怖いのよ。
得意の心理テクニックで鼻を明かし返してやりましたとさ。
そしてお待たせしました(あ、誰も待ってない?)
シーズン2の知り合い祭りは…
「プライベート・プラクティス」のシャーロット、
「フリンジ」のブロイルズ、「メンタリスト」のチョウさんでしたー。
(何故かチョウさんにはさん付けしたい)
祭りってほどではなかったけど。
チョウさんがほぼ現在と風貌が同じなのに思わず拍手。


「NCIS・S12終了!」

前シーズンのゴタゴタは、シーズン最後までとっておかない。
これもギブスのルールのひとつ?
ロシア関連のゴタゴタもシーズン半ばで無事解決し、
(でもあの外交官はまた出てきそう)
日々の事件をサクサク解決し、
(何度も言うけどあんなに海軍関連の殺人事件って多いの?)
そしてまた来ました。
またゴタゴタが。
本国アメリカとはほぼ同時放送なので、
ストーリーに組み込まれている話題も最近の物が多い。
ドローンとかね。そして今回は、テロリストになる子どもたちが絡んできます。
ネットゲームとかで彼らを勧誘。
その毒牙がチームギブスを襲います。
「あら。結構良い扱いじゃないの」
と思ってたドーニゲット。
前からちょこちょこ出てたしナイスキャラだったのだけど、
まさかここに来ての死亡フラグだったなんて!泣く!ってか泣いた!
しかも「ブレイキング・バッド」に出てたの今気づいた!
ごめん、ドーニゲット!
そして最後のゴタゴタの結末は、見られるのは来年?
打ち切りはないらしい(だよね)ので安心。
ギブスにも死亡フラグ的なの立ってたんだけど…


「ウェイワード・パインズ終了!」

後から情報で知ったのだけどこれはミニシリーズで全10話で完結、
のドラマだったようです。
原作があって3部作のようですが、
それを10話に、って少々無茶な気がしたけど、
ポンポンポンと話が進んでたくさんの謎は残ったものの、
長い映画を見た感じでしたわ。
失踪した同僚の捜索中、事故に遭ったシークレットサービスのイーサン。
目を覚ますとそこは見知らぬ町の病院。
ウェイワード・パインズ、という名前らしいその町には、
何だか不気味な雰囲気が漂い、住民も何だか”普通”じゃない。
家族や職場にも連絡が取れず、怪しむイーサン。
そして次々と明らかになるとんでもない事実。
それがとんでもなさすぎて私もまさかね、と思いました。
ものすごい話の広がり方にちょっとした恐怖を感じましたよ。
町に住んでいた失踪中の同僚が歳を取っていたり、
"町を出るな、過去は語るな、電話には必ず出ろ"の3つの掟があったり、
掟を破ったら公開処刑されたり、町を囲んでフェンスが建てられてたり…
初めのこのエピを見て色々想像しましたが…
あれで終わりなんてちょっと残念、もっと見たかったというのが感想。
ジュリエット・ルイスが出る!ってのも楽しみのひとつだったんだけど、
2話だっけな、でまさかの退場だったのもまさかねパート2。
原作にはもっと細かく説明があるのかな。


7月の新ドラマ↓

「LAW&ORDER:犯罪心理捜査班S3」
「バトル・クリークS1」

「バトル・クリーク」は、ファーギーのダンナ、ジョシュ・デュアメルと、
「LAW&ORDER:SVU」に出てたオリビアの彼氏がコンビ組む刑事物。
何でも「Dr.HOUSE」と「ブレイキング・バッド」のクリエーターが
手掛けるドラマらしい。期待できそう?
とりあえず見てみまーす。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム