見た映画思い出してみる(ある夜のセックスのこと、モントリオール、27時/SF巨大生物の島/さよならミス・ワイコフ)

「ある夜のセックスのこと、モントリオール、27時」('11・カナダ)

こういうね、男と女がひたすら話す映画って好きなタイプです。
過去にも色々見てますが、家の中でひたすら、歩きながらひたすら、
といくつかタイプがあるのだけど、これは家の中でひたすらタイプ。
モントリオールのクラブで出会った男と女。
ワン・ナイト・スタンド的なふたりのお布団シーンの後、
ひたすら家の中であーでもないこーでもないが始まります。
男は芸術家になりたかったけどなれなかったパターン。
自分は才能あると思うんだけどねーと思ってるだけ。
小学校の教師である女は、二面性を持つ。
昼間はみんなの先生。
夜は人肌求めて夜の街を彷徨っている。
普段はあまり口にしないけど、結構色々考えているふたり。
他人には言えない事、自分でも認めたくないこと、
そんな事をお互いにぶつけ合います。
そしてこの物語はただぶつけ合って終わりです。
話し合う事で今の自分を改めようとかあまり思わなかった…かな。

15ある夜のセックスのこと…1


「SF巨大生物の島」('61・イギリス=アメリカ)

そしてこういうちょっと昔の特撮映画も大好物。
もちろん一番の見どころは特撮だけど、
その展開のありえなさが最高。
ツッコミどころ満載なんだよね。
南北戦争中、脱走を決意した捕虜たちが気球に飛び乗ります。
嵐に遭い、気球もろとも墜落寸前。
そして全員海に投げ出されてしまいます。
運良く生き残った彼らが流れ着いたのは無人島。
でもそこには姿は見えないけど人の気配が感じられます。
ん?巨大生物は?
と思っていた矢先、出てきましたよ、巨大なカニが!
その巨大さに特に驚愕することもなく、彼らは戦い、間欠泉に突き落とし勝利!
次のシーンでその茹で上がったカニを美味しそうに食べる…というオチ付き。爆笑
住む場所を確保し、捕まえたヤギ(こちらは普通サイズ)を飼い始めた彼ら。
(あ、この前になぜか女ふたりが島に流れ着いて共同生活を始める)
そこに現れたのは巨大な鶏!
これが実に気持ち悪くていい感じ。
それも運良く倒し、その日の夜ご飯はローストチキン…
食べるの大事だからね。
最後に登場の巨大生物は美味しい蜂蜜をたっぷり作る巨大蜂!
これは怖い。
だって蜂の巣に閉じ込められてしまうのだもん。
さすがに蜂は食べなかったけど、蜂蜜の恩恵にあずかるみなさん。
…と言っても巨大生物がメインの物語ではないのが笑う。
実はメインストーリーは別にあるのだけど、巨大生物の部分だけでおなかいっぱい。

15SF巨大生物の島1


「さよならミス・ワイコフ」('78・アメリカ)

キーワードは35歳で更年期障害になった女教師。
男性経験ゼロで、精神科医にはそれが原因のひとつかも、なんて言われる。
でも別に男性が嫌いなわけでもない。
そんな彼女に言い寄ってきたひとりの男。
妻子持ちのバスの運転手の彼は、いい感じでナンパして来たのだけど…
不倫はダメダメ、と思ったけど、抱かれてみる?決意をしたミス・ワイコフ。
でも時はすでに遅し、しびれを切らした彼は他の女の駆け落ち…
ますます落ち込む彼女に追い打ちを掛ける事件が!!
なんと、学校の生徒(とは言っても24歳らしい)にレイプされてしまうのです。
一度目は激しく抵抗したミス・ワイコフだったけど…
二度目からは自ら服を脱いじゃう大胆さ。
そうやってふたりは密会(なんと教室で)を重ねていきます。
この相手の男、フットボールか何かの奨学金をもらってるらしいのだけど、
とっても生意気&下品なのです。
ミス・ワイコフがレイプを公にできないのをわかってやってるのです。
ああ、むかつくわ。
SVUに密告したいくらいだわ。
でも禁断の関係にハマっちゃったミス・ワイコフも痛恨のミスね。
原題は「GOOD LUCK, MISS WYCKOFF」
なのだけど、ほんと、達者でな、と言いたくなるエンディングでした。
きっと彼女は大丈夫。
睡眠薬投げ捨てて、新たな人生を歩み始めよう。

15さよならミス・ワイコフ1

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム