見た映画思い出してみる(なまいきチョルベンと水夫さん/映画と恋とウディ・アレン/クレアモントホテル)

「なまいきチョルベンと水夫さん」('64・スウェーデン)

久々に旭川映画村主催の作品を鑑賞。
レトロな映画館、シアターカンダにて。
古い映画だけど去年ようやく日本で公開になったんだそう。
原作は「長くつしたのピッピ」や「ロッタちゃん」のアストリッド・リンドグレーン。
最近よく雑誌で見かけてたのでいつか見られるかな、
と思ってたら…ありがとう、シアターカンダさん。
元が児童文学って事もあって、とってもかわいい内容。
ウミガラス島に住むチョルベン。
愛犬の水夫さんの事が大好きでいつも一緒に過ごしてる。
でもある日、漁師からアザラシの赤ちゃんをもらった彼女はその世話に大忙し。
水夫さんはほっとかれて寂しそう…
そんな中、アザラシが高値で売れる、と知った漁師は、
アザラシは貸しただけだ返せ、と言い出し…
小さい島の中でチョルベンとその仲間たちが大騒ぎ。
ぽっちゃりチョルベンの笑顔も可愛いけど、
友だちのスティーナがとってもキュート!
ベリーショートにふわふわワンピ。真似したい!!
こういう映画、たくさん掘り出して来て欲しいですね。




「映画と恋とウディ・アレン」('11・アメリカ)

そう言えば今まで見たことなかったかも、
ウディ・アレン監督の軌跡を追ったドキュメンタリーって。
1935年生まれだから今年で80歳!
今でも精力的に映画を作り続けているんだよね。
高校生の頃からジョークを書いて、一時期は親の収入も超えたとの事。
1日50個のジョークを考えるのは余裕だったそう。
作品の中でも誰かが言ってたけど、容姿は妖精みたい。
お世辞にもハンサムとは言えないけど…
すごーく面白いし。笑いは彼をとっても魅力的に見せていますね。
いつかの驚愕の事件(養女とくっついちゃった件とか)の時はやっぱりひいちゃったけど、
そんな事も今では”そんなこともあったねぇ”な感じ。
作品の良さで帳消しです。(ちょっと嫌だけど)
そして私が好きなのは彼の口から次々と飛び出す”名言”の数々。
嫌な事も皮肉って笑い飛ばす。
喜怒哀楽。それが人生。




「クレアモントホテル」('05・アメリカ=イギリス)

ロンドンにある長期滞在型ホテル「クレアモントホテル」。
雑誌を見て予約した未亡人のパルフリー夫人。
広くて開放的でご飯も美味しいよ!何て楽しみにしてたのに、
あれ?
こじんまりした部屋の殆どを占めるのはベッド。
窓から見えるのは隣のビルの壁。
ホテルに滞在中の客は他人に干渉しすぎの個性的な人ばかり。
でもそんなんでふてくされるミセスPではありません。
自分のペースで滞在を楽しもうとする彼女は見習いたいであります。
そんな彼女が運命的に出会ったのが、小説家希望のルードヴィックという若者。
彼と同い年でなかなか会いに来てくれない孫のデズモンドの”フリ”を頼んだことから、
彼女の人生に”楽しみ”の風が吹いてきます。
なぜこの映画を見ようとしたかと言うと、いつものミーハー心です。
ルードヴィック役が「HOMELAND」クイン笑
イギリス人の彼のイギリス英語が聞きたかった笑
(ちなみにドラマではアメリカ人役なのでアメリカ英語)
情緒不安定気味のクインとは正反対な、心優しいというか優し過ぎる青年を好演。
今の日本だったら詐欺を疑われること間違いなし。
そして今日のひとこと。
”運命はきっかけ。あとはあなたたち次第。”
ミセスP、いいこと言うなー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム