本日の映画:コンテイジョン

「コンティジョン」('11・アメリカ)。


出張先の香港からシカゴ経由でミネソタに帰ってきたペス・エムホフ。
体調不良を訴えていた彼女は、その2日後に突然死亡。
そして同じように高熱と激しい頭痛を伴う風邪のような症状を訴える人々が
世界各地で相次ぎ、CDCやWHOが調査を始める事になる。

しかし事態は悪化し続ける。
薬のない病に人々は怯え、外出禁止令も発令され、街は無法地帯に。
そして人々は食料や物資を奪い合うようになり・・・


★★★


こういう映画をパンデミック作品と言うらしい。
パンデミックとは、感染性のある病気が大流行すること。
パンデミック映画、こわーい!

今まで色んなパンデミック映画(パンデミックって言いたいだけの人)を見てきたけど、
この作品は病気の怖さよりも、人間の怖さ、に焦点を当てているのかな。
前に「ブラインドネス」って、突然みんな目が見えなくなってビックリ!とか、
「パーフェクト・センス」って、五感がひとつずつ失われていってビックリ!とか、
そんな系統の映画と似てる感じです。

DAY2。と表示された画面に映るのは、具合の悪そうなベスの姿。
夫と子供がいるけど、シカゴに寄ったのは元カレと浮気するためだったらしい。
そうやってあちこちで菌ばら撒いて行くのね。

でもその前に何故DAY2?DAY1は?と思ってて、
あれ?感染源は特定できないで終了?とうむむ顔になっていたら、
一番最後に、あぁ、納得。うまい作り方ですね。←何様。

大物俳優さんたちが多く出てるこの作品。
誰が主役?ってなるくらい、誰が話の中心って訳でなく。

「こう言う事が起こったら、こう言う事になるんだよ。」

と教えられるドキュメンタリーのようなお話でした。

それにしても、製薬会社の陰謀とかほんとにある話なの?



実は、マリオン・コティヤール目当てで見ました。
クレジットも一番上だし楽しみにしてたのに、出番、アレだけ?

先にも書いたけど、グウィネス・パウトローとかケイト・ウィンスレットの扱いがすごい。
特にグウィネスの頭ペロンは必見。

tag : 映画 コンテイジョン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム