本日の映画:es〔エス〕

es〔エス〕」('01・ドイツ)。


記者の仕事を辞め、今はタクシー運転手の仕事で生計を立てているタレク。
そんな彼は、多額の報酬が得られるという被験者募集の広告を見つけ興味を示す。

それは、とある大学内に作られた模擬刑務所で20人の男たちを
「囚人」と「看守」に分け、2週間そこで過ごし、
実験終了後には4000マルクが支払われる、というものだった。

タレクはこの実験を秘密裏に取材し、記者として返り咲こうと画策。
面接に合格した彼は「囚人」として参加することになった。

元々”被験者”という同じ立場だった彼ら。初日は穏便に過ぎていった。
しかし、記事を面白くするために「看守」を挑発するタレク。
その事がきっかけとなり事態は思わぬ方向へ進んでいく・・・


★★★


1971年、アメリカのスタンフォード大学。
ここで実際に行われた実験なんだってよ、これ。

後回しリストに入っていたこの映画
機会があれば見ようと思ってました。
いやぁ、見てるだけで心が病みそうな話です。
見たのが今で良かったかも?
時期が違えば、ホントに病んでたかも。

大人しくしていれば良いものを・・・
おもしろスクープのために挑発し続けるタレクに、
「も、もうヤメテー!!」と訴えてました。
歯止めの聞かなくなった看守。
次第に力を無くしていく囚人。

”やらせ”だとわかっているのにね。
恐怖で支配する者とされる者。
人間は弱くて愚かな生き物なのです。



しばらく、モーリッツ・ブライブトロイのあの肉厚な唇を見ると、
具合が悪くなりそ。

tag : 映画 es〔エス〕

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム