本日の映画:SHAME-シェイム-

SHAME-シェイム-」('11・イギリス)。


魅力的な容姿に誰もが振り向き、仕事は順調、住まいは高級マンション。
独身生活を謳歌しているように見えるブランドン。

しかし、興味を示す女をナンパし、自宅にはコールガールを呼ぶ。
一見すると普通に生活しているように見えたが、
彼の頭の中は1日中セックスの事を考えていた。
仕事以外の時間をセックスに費やす。彼は重度の性依存症だったのだ。

そんな彼の元にある日、妹のシシーが突然転がり込んでくる。
彼氏に振られたという彼女は、しばらくブランドンと暮らすことに。
感情を抑えて生きてきたブランドンと、愛に飢え、感情をむき出しにするシシー。
ふたりは激しくぶつかり、傷つけ合うのだが・・・


★★★


人って外見だけでは分からないものである。

1日の全ての行動や、自分が思ってる事、今までの人生を事細かに言う人なら、
(そんな人いたら面倒!)その人の事を理解できるのかな。
でもそんな人滅多にいないから、話を聞いただけでも分からないもの。

聞いた事見た事知った事、全てが真実とは限らない。
魅力的で人懐っこい素敵な人が、殺人犯だったりする。
殺人犯に見える!と思っても、実はそうでなかったりする。

”普通の人”に見えるブランドン。実は”普通”とは程遠い人間。

冷めた雰囲気の彼は”とりあえず”生きてる感じ。
相手に何も求めず、セックスでその空虚感を埋めている。
一方妹のシシーは破滅型。
リストカット常習犯の彼女は、恋愛にすぐのめり込み愛を求める。
激しく生きるシシーと、正反対のブランドン。
このふたり、うまくは行かないよね。

ブランドンはシシーを愛しているけど、このふたり、何か事情があるみたいね。
物語の中では詳しく語られないけど・・・

この兄妹、最後には一緒に堕ちそうです。



愛なら、毎晩、ティッシュくるんで捨てている。
というすごいキャッチフレーズ付き。

監督の名前が、スティーヴ・マックィーンだって。
最初「あれ?あのスティーヴ・マックィーン?」って思って、
「あれ?ご存命でしたっけ?ってか、こんな映画作るの???」と、
謎に思ってました。

と思って調べてみたら、別のスティーヴ・マックィーン。
まあ、珍しい名前ではないんでしょうが。

って書いてたら、テレビにスティーヴ・マックィーン監督が登場!
「それでも夜は明ける」でゴールデン・グローブのドラマ部門作品賞受賞~!!
しかもブランドン役のマイケル・ファスベンダーも出てるし。
アカデミーも獲るかも?!

tag : 本日の映画 SHAME-シェイム-

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム