本日の映画:太陽に灼かれて(2011/3/5)

本日見たのは「太陽に灼かれて」('94・ロシア)。

ロシアや東欧の映画の哀愁が漂う感じが好き。

ハリウッド映画と違って知ってる俳優があんまりいないし。
特に今回見たような作品には、全くといって良いほど知り合いがいない。
なので、本当に演技なのか?素なのでは?と錯覚してしまうほど。

さて、映画の感想。
最初は、男と女の関係がもつれて・・・みたいな話かな、と思ってました。
でもびっくり。
最後は思っていたのと違う方向に話が進み、
最後の最後にはとてつもなく胸が苦しくなるような展開。
娘のナージャ(監督の実の娘らしい)の無邪気さがますます涙を誘います。

お気に入りのシーンは、そのナージャが、
指をなめ、眉を整え、髪のリボンを整え、上目遣いに話すシーン。
「こういう感じで」と言われてやったのだろうけど、すごい自然な演技!!拍手!!!


太陽に灼かれて [DVD]太陽に灼かれて [DVD]
(2011/04/28)
オレグ・メンシコフ、インゲボルガ・ダクネイト 他

商品詳細を見る

tag : 映画 太陽に灼かれて

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム