本日の映画:吸血鬼(2013/3/30)

吸血鬼」('31・ドイツ=フランス)。


悪魔や吸血鬼にまつわる迷信の研究を続け、
現実と超自然との境の区別がつかなくなってしまったアラン・グレイ。
あてもなく放浪していた彼は、クレタンピエールという村にたどり着く。

身を寄せた宿で、ひとりの男が彼の前に現れ”我が死後に開けよ”と書かれた小包を渡す。
そして、突然現れた不気味な影の存在に気付きその影を追った彼は、
人里離れた場所に建つ一軒の館を発見。
そこには、彼の前に現れたあの男がいた。
その館にはふたりの娘と召使が住んでいおり、娘のひとりは謎の病に倒れていた。

男が謎の死を遂げ、遺言どおりアランがあの小包を開けてみると一冊の本が入っていた。
その本には、クレタンピエールに住む吸血鬼に関する事が記されていたのだが・・・


★★★


初めに”これは青年、アラン・グレイの不思議な体験”との説明。

ごめんなさい。思い出しながら書いてるけど、意味不明なあらすじね。
サラサラ~っと書けるときもあるけど、これは難しかった。
理解力と想像力が必要な内容。
自分なりに想像を膨らませてみよう。

このカール・ドライヤー監督の「吸血鬼」。
オリジナルのネガはもうないけど、現存する全長版に基づいて1998年に復元されたそう。
映写機のあの音が聞こえてきそうな感じ。
誰もいない映画館、しかも最前列でじっくり見たい作品。

カール・Th・ドライヤーコレクション 吸血鬼 ボローニャ復元版 [DVD]カール・Th・ドライヤーコレクション 吸血鬼 ボローニャ復元版 [DVD]
(2011/07/30)
ジュリアン・ウェスト、モーリス・シュッツ 他

商品詳細を見る


私の想像力が足りなくて、未だに?な部分が多数。
あと10回は見るべきかも。

tag : 映画 吸血鬼

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム