本日の映画:我が道を往く(2013/3/24)

我が道を往く」('44・アメリカ)。


ニューヨーク。聖ドミニコ教会に新しく赴任してきた副神父のチャールズ・オマリー。
借金を抱え、返済する術もない教会を、老齢の神父、フィッツギボンの代わりに立て直す、
というのが最優先の彼の任務。
しかし、音楽好きのオマリーがとりあえず手掛けたのは、近所の悪ガキを集め、
聖歌隊を結成することだった。
そんな彼に初めは反発するフィッツギボン神父だったが、徐々に彼の人柄を認め始めて行った。

時は経ち、神父となったオマリーは、以前出会った家出娘、キャロルと再会。
歌手として成功した彼女は、彼が作った「Going My Way」を売り出し、
教会再建の費用にしようとするのだが・・・


★★★


なんて幸せな物語なのでしょう。
オマリーがみんなを幸せに導き、そして去っていく。
彼は天使?

この映画、悪い事をする人が出てこないの。
何かやらかしそう、と思った近所の悪ガキたちもあっさり歌に魅了されたし、
悪そうだな~と思ってた借金取りも、全然悪人じゃなかったし、
歌手になったキャロルを見出した、みたいな人も、体で返せよ、ってタイプじゃないし、
教会の火事も放火じゃなさそうだし・・・

オマリーという彼の人柄が、周りにそういった”いい人”を呼び寄せるのかしら。
困難にも笑顔で立ち向かい、ダメになったとしても諦めない。
そしてみんなに幸せをもたらせる。それが当たり前だと言わんばかりに。

我が道を往く [DVD]我が道を往く [DVD]
(2012/04/13)
ビング・クロスビー、バリー・フィッツジェラルド 他

商品詳細を見る


あ、しいて言えば、”チクリ屋”クランプ夫人が悪者かな???

tag : 映画 我が道を往く

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム