本日の映画:サウンド・オブ・サンダー(2013/3/16)

「サウンド・オブ・サンダー」('04・アメリカ)。


2055年。
タイムトラベルを可能にしたタイム・サファリ社。
責任者のハットンは、”TAMI”という装置を使い、
金持ちたちに”6500万年前の地球で恐竜狩り”というツアーに大金を支払わせ、
その技術を金儲けの道具にしていた。

ツアーのリーダーを務めるライヤーは、絶滅した動物を生き返らせようと研究を進める科学者。
ハットンの考えを否定しながらも、研究を続けるためには彼に従うしかなかった。

そしていつもの手順で過去への旅へ出発したライヤーたち。
しかし、たったひとつの失敗が人類進化の歴史を大きく狂わせてしまい・・・


★★★


前に”ジャケ買い”した事のあるレイ・ブラッドベリが原作、という事で鑑賞。
私が買ったのは「黒いカーニバル」という小説。
読んだかな、と確認してみたら、半分の所にしおりが挟まったままだった。あは。
何年かに一度来る”活字に触れたい症候群”が来ないと読めないかな。
今は”活字斜め読み症候群”だから。

2004年ってついこの前だよね。
CG技術って日に日に進歩しているからよくわからないけど、
この頃の技術ってどんな感じだったっけね。
「マトリックス」が1999年と考えると・・・うーん。
この作品のCGはちょっと安っぽい。まぁ、予算が全然桁違いだろうけどね。
グリーンバッグで撮影してるのがバレバレだし、歩き方がかなり不自然。
わざとですか?ってくらい。

でも、B級な映画ってこういう所があるから好き。
お約束なやりとりも、なんか辻褄合わなくても、笑って許せちゃうよね。



あれ?2054年ってなってるね?ま、いっか。

ライヤー博士役は、エドワード・バーンズ。
この人結構見るけど、あんまりいい役回ってこないね。
元祖スーパーモデルが奥さんだから、ま、いっか。

tag : 映画 サウンド・オブ・サンダー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

えみめも

Author:えみめも
映画や海外ドラマを見ることは私の癒やし。

映画以外の記事はinstagramにて↓
えみめも@emiemimemomemo

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新コメント
ようこそ。
検索フォーム